蒲田の荒木屋で”中本”の冷やし味噌ラーメンっぽい大辛肉味噌麺を食べた!

2016年にはあちらといろいろ騒動があった荒木屋。
ですが、味は美味しいと評判だったのでいつか行ってみたいと思っていたんですよね。

そんな今回は辛いもの好きSG氏の誘いを受け蒲田にGO!

何かと話題の荒木屋を初体験してきました。

スポンサーリンク

荒木屋に到着!

場所は蒲田駅から徒歩数分、大きなアーケードから一本外れたところにありました。


サッポロ製麺所の麺箱!

ちなみに中本では製麺所は”非公開”ということになっていますが、新店開店の際には同じ”サッポロ製麺所”から花が届いているんですよね(笑)

だからといって全く同じ麺ではないんでしょうけど・・・。

それでは入店!

入り口近くのテーブル席に通されました。

その奥には10席ほどのカウンター席、食事時を過ぎ、もうすぐランチタイムが終わるかという頃で客入りは3割くらい。
といった感じ。
店主と女性の助手さんの2人体制でした!

さて、オーダー!
こちらは店員さんに直接オーダーシステム
食券の券売機はありません

と、アレンジメニュー

あらかじめHPでメニューを確認して行ったのですが、どれにしようか決めきれずにいたのでここで固まってしまいました。

そこで『アレンジメニュー』にある五目味噌タンメンをオーダーしたところ

「アレンジメニューの方はいまできないんですよ・・・」

とお断りされちゃったんです。
それなんで冷し大辛肉味噌麺をオーダー!
その場で現金清算します。

期待し待っていると後から入ってきた他のお客さんが麺とトッピングでチャーシューを頼んでるじゃないですか!?

メニューに書いてないし(汗)

めちゃくちゃ食べたいですがそこで追加オーダーする勇気をakumaは持っていません。
ですが後からツイッターで確認してみると

凶暴なチャーシュー・・・すっごく美味そうじゃんか。
なんだこのラーメン、エビのってるし。。

そんなこんなしていると

冷し大辛肉味噌麺が着丼

またしても興奮と緊張によるブレ、いつまでたっても治りませんね。

冷し大辛肉味噌麺    ¥800

辛さは10
一番辛いメニューということになります。

見た目はやはり”アレ”にそっくりですね。

それでは

唐辛子の引っかかり具合もいい感じ。
いただきます!

うまー!

美味いですね。

麺はもちもちしたほぼストレート麺。


あちらよりちょっと加水率高めでぷよぷよ。
麺自体の香りはないですがつるつるもちもちです。

そしてつけ汁は動物、ニンニクの効きが強め
元のスープ自体にけっこうパンチがあります。

10辛というその辛さは口の中がヒリヒリして汗が吹き出でちゃう、ってな辛さではありませんでした。
味が濃い訳ではなく、もとのスープの旨味が強い感じですね。

麺とつけ汁の相性がいいです。

つけ汁の具材はシンプルにバラ肉、一切れが大きくて食べ応えがあります。
あとスライスニンニクチップがかなりいっぱい入っています。

シンプルな一杯ですが飽きずに完食です!

個人的にこっちの方が(どっちと比べて?)好みの味です。
ただ辛いだけでなく美味しいです。

ちなみに

同行のSG氏がオーダーしたのは

大辛野菜麺!

こっちもうまそー。

SG談ですが、めっちゃうまかったそうで、しっかり完食完飲してました。

まとめ

蒲田の荒木屋にやっと行くことができました。
そこまで期待していた訳ではありませんが、食べてみるとめちゃくちゃ美味しくてびっくりしましたね。

辛さの奥の旨味ってのが食べながらしっかり届くつけ汁が良かったですね。
塩分じゃない味の濃さが印象的でした。

あちらとは見た目、そして味も似ているのですが、はっきりとした違いがあります

ってか先ほど挙げたツイートの一杯、あれ食べたいですね。。
他にも面白いメニューがあるかな?

とツイッターを見てみると、あるわあるわ!!!

海鮮系のメニューだとイカやエビ、ホタテがでかい!!


他にも

すげぇジャンク度の高さ。
女子受けはしなそうですが(笑)、この暴れっぷりは二郎好きもセンサーがびんびんに反応してしまうのではないでしょうか!?

樺太丼に海鮮がトッピングされてるのなんかもあってヨダレものの限定?裏?メニューが他にも沢山。
人気があるのも頷けます。
また食べに行きたいですね。

1日蒲田に滞在してラーメン二郎西口蒲田店と両方行く!
ってものいいなぁ。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメン二郎・二郎インスパイア系へ
ぽちりおねがいします!(笑)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする