荻窪二郎でラーメン!ってか『助手 かわいい』ってなんだよ?って話

荻窪の二郎が食べたいな。

ある日そんな気持ちが湧き上がってきたんです。
復活後幾度となく訪れ、乳化スープや幅広豚などある程度安定、というか完成されたところでなぜかあんまり行かなくなっちゃってたんですよね。

ですがふと、湧き上がった「食べたい!」

そこで最近の様子は?

と気になって検索してみたところ

二郎 荻窪 助手 かわいい

なんじゃこりゃ!?

今まで気にしてもいませんでしたが、そういやたしか女性助手さんがいたような・・・

そして以前川越でもそんなことあたっけな?

ってことで気になったので早速お店に向かいました!

ラーメン二郎 荻窪店に到着

荻窪駅を出て(北、南どちらからでも)から東へ5分ほど。

荻二郎に到着しました。

ってか待ちが1人でラッキー!

ここは店内待ちがないので純粋に1人待ちってことですね。。

初めに店内の店内券売機へ

このまま値上げがされませんように!
と祈りつつ食券を購入。

外にこんな風に張り紙がありました。
わかりやすくて助かります!

そして

初めての方は「麺半分」と申告をよろしくお願いします。

なかなかスパルタンな『お願い』・・・

営業時間の案内も貼っていました。

先客が退店するタイミングで中の助手さんに呼び込まれます。

そう、例の女性の助手さんですね。

ポニーテールで中肉、声が高め、なるほど。

店主は「いらっしゃいませ」などの言葉を発しないで呼び込みなどのオペはその助手さん。
店内に周波数高めで可愛い声のトッピングコールが響くと確かに癒されるかも・・・
なーんて思いながら水をくみ、レンゲを持って・・・
そうそう給水機の横には

ゆず・こんぶのポン酢とラー油があります!
荻窪のポイントですね。

指定された席に着席しカウンター高台上に食券をのせます。

卓上には

カエシ、合わせコショウ、トウガラシ。

そいやこの日、他のお客さんが麺1/3って言ってる声が聞こえました。

そんなことが可能なんだ!?
(ちなみに以前は可能だった麺かためは現在不可!

またまたスパルタンな警告!

ちょいと待ったところでトッピングコール、そして

小ラーメンが着丼

小ラーメン   ¥700
生玉子     ¥50

ニンニク・アブラ

やってきました。
しかし眩しすぎる(写真は無加工です!)

めっちゃ美味そうじゃんか。

さっそく

いただきます。

んん

うまーーー!

やっぱ美味いわ、これ。

しかしなんか麺が違う。
なんか以前より加水率が高くってちょっぴりグミっぽい仕上がり。
細く”ツルン”とした表面で縮れ度合いが高かったように思います。

以前より小麦感はダウンしましたが、逆につるつるして食べやすい、というか飲みやすくなっていました。

たまたまかな?

スープはというと

THE 荻窪らしい乳化した黄金スープ。
いわゆる飲む豚ですね。

クリーミーなやつでした。

やや塩っぱいけど、それももはや荻窪らしさ!

ヤサイは標準量、キャベツは少なめ。
シャキよりな茹で加減でした。

そして見た目でわかるプルプルなアブラ

多めにマシてくれました!

ヤサイには卓上の合わせペッパーをかけて。

アブラを一緒に食べたらUMAAAa a a、気絶しそうです。

ってか

ヤサイの上に切った時に出た豚の端っこを丸めたもの、肉玉

そして

2枚の豚はそれぞれタイプの違うものが入っていました。

写真左大判のものはほろほろと崩れるものの、ですが旨味が抜けスカスカな感じ。
そして写真右は脂身がある事もあってジューシーな感じ。

正直”当たり”ではなかったけれども2枚の対比が面白くって楽しめたからヨシ。。

それにしてもやはり荻窪、麺量がなかなか多く、だんだん塩分にやられてきたので

すき焼きぐい。

やさしい・・・

数回のすき焼きタイムの後は残った卵を丼に流し込みラストスパート。

イッキに完食しました。

ごちそうさまです。

まとめ

今回はラーメン二郎荻窪店でラーメンを食べてきました。
いままでと麺の印象が若干違いましたが、全体的に見ればもはや安定した、”荻窪”って感じの味でした。

ポン酢を使いたかったのですが、断念。
だってデフォで結構塩分高めなんです・・・

血圧が怖い(汗)

卓上にカエシもあるわけだし、始めの状態でもう少し味が薄めだったらゆずポン酢を入れるんですけどね。。

そして噂の助手さんですがみんなが「かわいい」言うのもなるほど、という感じ。

色々しらべてみたら「ユデリスト」もしくは「ユデちゃん」って呼ばれてるみたい。
笑顔で接客、テキパキとオペする姿に心奪われる二郎ファンは確かに多そう。。

ネット上を探したらこんなツイートが・・・

あれま。
ちなみに都市伝説ですが、この女性の助手さんがいる時にヤサイの上にあった肉玉が乗る確率が高いんだそうです。

他にメンマやネギがのる事もあるってハナシ。

いいなぁ。

ってか荻窪店は並ばずに食べられる事も多く、それでいながら味のレベルも高いので意外と穴場

食べ終えてお店を出た時も

外待ちは1人、すぐ食べられるのでいいですね。

欲を言うなら、ココのつけ麺や汁なしなんかを食べてみたいなぁ。
いつかそんなメニューが始まることを願いつつニンニク臭を杉並区に撒き散らしながら帰りました。

そうそう、GWは久々にあの店に行こうかと。
終了までまだ少し期間はありますが、お別れの挨拶をしに・・・

ってか2時間待ちとかもあるみたい。。

ではでは。