北極の夏ブラックと夏+マー油の食べ比べ!その違いはもしやブレ?

中本の夏メニューの中でも代表的な北極の夏。

毎年恒例のように食べているんですが、メルマガをみてたら食べたことがない『北極の夏ブラック』が目黒で出される!とあったんです。

これまでも#%&$§※ブラックとかあったんですけど元のメニューにもアレンジがされてあったり・・・ということで今回も何か変化があるのかなー?

と思い目黒ではブラックを、そして吉祥寺では夏にマー油プラスしてその様子や違いを確かめてきました!

蒙古タンメン中本目黒店に到着

灼熱の太陽が降り注ぐ夏の午後、駅からほど近いビル群の間に佇む中本目黒店へ。
この通り、日陰でヨカッタ。

お店の中にに入り食券を購入。

時間的にガラガラだった店内、先客は3人ほどしかいませんでした。

お好きな席へどうぞ〜

ってことで端っこに着席、食券を渡してスタンプにも捺印してもらいました。

待つこと数分。

北極の夏ブラック 着丼

北極の夏   ¥990
野菜大盛り  ¥60
チャーシュー ¥110

LINE クーポンゆで玉子

 

やってきました!

 

山盛りのネギの間から麺を引っ張り出し

いただきます。

 

 

んん

 

うまーーー!

基本的な味はもちろん北極のスープの味。
ですがさらに具材の味が溶け込んでオリジナルな味に昇華されています。

そこにこのメニューのポイント

マー油が入ることでちょっぴりビターに。

そんなにパンチが強い訳ではないけど香り・苦味がしっかりプラスされています。

 

野菜大盛りにしたので

ネギがんもう、山盛り。
荒目の斜め切りで結構ネギ特有の辛味があります。

ネギの上からマー油がかかっているみたいですね。

その下にはモヤシが

野菜大盛りってネギが増えてるのかな?
もやしの量は控えめでした。

んでもって他の具材は

とにかく大量のひき肉!

にんにくの芽とナス。

よーく火が入っていて甘いです。

 

しかし元のスープが結構辛い(汗)
そういや先日ココ目黒店でMUSASHIを食べたときも”辛いなぁ”と感じた記憶が。

目黒って自分がよく行く馬場店や吉祥寺店よりも同じ”北極”でも辛い気がするんですよね。。
気のせいかな?

 

 

そしてチャーシュー

程よーく両面が炙られていました。
身と脂のバランスが良く、柔らかかったです。

味の入り方も絶妙でスープにさらっとくぐらせてちょうどUMaaaaな感じ。

大きさもなかなか大きめで久々にアタリだった気がします!

 

量的には問題ないのですが、辛さで休みやすみ水とゆで玉子をはさんでと。。

麺を食べきった後、丼に残った具が大量。
『どんだけ入ってたの?』

ってくらいひき肉が入っていました。

それもレンゲで掬って完食!

 

その時っっ!

 

ふむふむ。

「これは吉祥寺店で北極の夏にマー油を入れたらおんなじ味になるんじゃないのかな?」

と思ったんです。

ということで日を改めて吉祥寺へ!(笑)

吉祥寺の北極の夏+マー油の場合

後日訪れた中本吉祥寺店で北極の夏に野菜大盛り、LINEクーポンでゆで玉子を足すとこんな感じ。

北極の夏  ¥930
野菜大盛り ¥60
マー油   ¥60

LINEクーポンゆで玉子

 

どうでしょ!?
こちらでは穴開きレンゲが付いてきましたよ(笑)

まず一番始めに気になったのが”野菜大盛り”について!

ここから㋱目黒店 ㋖吉祥寺店 としていきますね!

㋱ではネギが大量になっていたのに対し㋖ではモヤシの量が多くなっていました!

 

そんでもって食べる前に

このマー油をかけてと。

 

こんな感じね。

それではいただきます。

 

食べてみると㋖ではマー油の効きが結構強いです!
濃いというかザラッとした感じ。
そんでもってコクのある苦味と香りが北極スープを従えちゃってます(笑)

これはこれで旨いですね!

 

もちろん入っている具材は同じなのですが、明らかに違っていたのがひき肉の量

㋱の2/3位でした。
あれーーー!?(汗)

ナスやニンクの芽の火の入り方は若干違いますが、それはまぁ誤差の範囲ということで。

辛さは㋱よりも優しかったのでスルスル食べられました。

 

難なく完食、ごちそうさまでした!

 

まとめ

今回は目黒の北極の夏ブラック吉祥寺の北極の夏+マー油を比較してみました。

もちろんというか、やはり違いは色々ありましたが、基本的には同じで”ブレ”によって出てきた差がある感じなのかな?
と思いました。

 

なので極論、北極の夏ブラックは夏の間吉祥寺でも食べられる!

と言ってもいいでしょう。(だめ?)
北極の夏にマー油を足したお値段とブラックは同じだし。

ってかもはや魔法にかかっているakumaは中本で何を出されても”旨い”と感じてしまうのかもしれません。
(んな事ないか)
だって結局どっちも美味しかったんだもん。

 

それにしても味やトッピングだけでなくレンゲの有無など小さな違いが色々あって面白い食べ比べでした。

家に帰ってから気づいたのですが、マー油がある吉祥寺と船橋なら何でも”ブラック”にできるじゃん!?

っていう・・・ね。

”北極スペシャルブラック”ってどうでしょ!?

 

今度は今まで食べたことのあるメニューにもマー油入れたりしてみようかなと思います。

新しい発見があったらいいな。

 

ではではー!

 

コメント

トップへ戻る