肉豆腐醤麺を中本東池袋店で食べてきた!シャキシャキ野菜がウマー

池袋の西口を出て繁華街の方へ。
人混みをかき分け辿り着いた都会のオアシス、中本東池袋店で肉豆腐醤麺を食べてきました。

実はこのメニュー、最後に食べたのは数年前のイベント。
いつかはお店で!と思っていてやっっっと食べることができました!

蒙古タンメン中本東池袋店に到着

サンシャイン60通りから一本入ってすぐのところにある東池袋店。
お店の中を覗くと、入り口のところまで店内待ちの列が・・・

先客が退店してきたのでお店の中に。
入店するとすぐのところにある券売機

限定メニューのところにある肉豆腐醤麺、いつでも食べられるけどこのお店限定ってことなのね。
肉豆腐醤麺は780円と安め、ここで1,000円以上にするのに他に何を買うか迷いました・・・

そこで選んだのは北極味玉とチャーシュー(1枚)!

食券を買ったらそのまま列に接続、待ちが10人ちょいくらい。

途中食券の確認とスタンプの捺印。

中本らしく(笑)すいすい進んでいき席に通されました!

間も無く

肉豆腐醤麺が着丼

肉豆腐醤麺     ¥780
北極味玉      ¥120
チャーシュー(1枚) ¥110

LINEクーポンで烏龍茶!今回は北極味玉を買ったのでスラ玉にしませんでした。
卵Wで並べても良かったんですけど、気分的に茶だったんです。。

航空写真は

いい眺め!
それにしても

玉子やチャーシューを乗っけていますが、そうじゃなくっても店内に貼ってあるPOPよりいい盛り
もはやこれは中本あるあるですね。

丼の中から麺を引っ張り出すと

ひき肉が麺にすごくいっぱい絡んでいました。

それではいただきます!

うん、うまー!

ほとんど辛くありませんが決して0じゃないですね。
辛さ1~2くらいかな、と。

スープはすりゴマが効いていて優しい味噌味。
油膜はまあまあの厚さでしたが特に気になりません。

それよりも特徴的なのが野菜!

麺の上にキャベツともやし、その上にネギがのっています。

そのキャベツともやしが軽く茹でたくらいの結構なシャキシャキ加減
これがスープと凄く相性が良かったんですよね。

  • スープに通すとひき肉が絡んできて美味い
  • 麺をリフトすると挟まってきて食感が面白い
  • 時間とともに野菜が柔らかく変化→スープがより甘くなってくる

と食べ方・時間とともにいろんな効果が!

野菜大盛り券を買えばよかったと後悔しましたよ・・・

そんな野菜の脇には

一応このメニューのメイン具材の1つである

スープで煮込まれていない茹でた豆腐

中本の他のメニューだと麻婆だったりスープや餡の中で火が通った状態でやってくる豆腐ですが、こちらは茹でたのをのっけた感じなんですね。

箸でいちいちつまんで食べるのも面倒なんでレンゲでスープや他の具材と食べます!
スープ&ひき肉と食べるといい感じ。
そう、それはトロミのない甘口麻婆豆腐です!

ご飯くれー。

具材はそんな感じ。
そういえばスープにはスライスニンニクではなくスライスニンニクを刻まれたものが入っていました。
はじめ調理中や食事中にお箸で砕けちゃったのかな?

と思いましたが全部クラッシュタイプだったので初めからっぽいですね。

そして今回のチャーシュー

両面しっかり炙りタイプでけっこう大きめ、厚みも1cm以上。
どっぷりスープに沈めてから食べると”ホワホワ”で美味!

今回はアタリでした。
二枚買えばよかった・・・

そのまま食べ進め最後に

北極味玉!

割るともちろん

中はとろ〜り半熟!
このままでももちろん十分美味しいですが、半分はスープと一緒に美味しくいただきました。

うまー

ちなみに全然辛くありませんでしたよ。

ラスト、丼の底のひき肉をさらってスープと一緒に楽しんでたら危うく完飲しそうに。
危なー

ってことで難なく完食しました!!!

まとめ

中本東池袋店限定でいつでも食べられる肉豆腐醤麺を食べてきました。

”ほぼ”非辛で優しい味、いろんな食べ方が楽しめて飽きずに最後まで食べられましたね。
(どうしても辛いのが食べたかったら卓上の唐辛子を入れればイイ!)
ひき肉がたっぷり入っていて食べごたえもしっかり。

美味しかったです。

今回はチャーシューと味玉をのっけたけど、そのままでも十分楽しめる一杯ですね。

麺を食べきった後にひき肉や豆腐がスープにけっこう残っていたので、ライスも買えば良かったなーと。
ひき肉をすくってご飯にのせて味玉、ベニショウガを添えて・・・
ぜったい合うはず!!!
次はライスも頼みます。

ってか今、冷し肉醤麺も食べたいんですよね。
だってお店の入り口のところに

これでもか!

ってくらいどデカく激推しされてるし。

コレまた近いうちいお店行っちゃうかも・・・