胡麻極辛を馬場の中本で食べてきた!シビレUPで新しい刺激を満喫

名前が強そうな胡麻極辛(ごまきょくしん)。

「胡麻が入っているのは間違い無いんだけど・・・・」
前食べたのは東池袋店だったのですが、味がどんな感じだったかちょっと忘れかけていて・・・

ちょうど今月の限定メニューにあったのでいつもの(笑)高田馬場店に食べに行ってきました!

蒙古タンメン中本高田馬場店に到着

そんな混んでないみたいね。

お店に入って

食券を買う訳なんですが、胡麻極辛のとなりに見えるのが

チーズ

トッピングコーナーからはずれたところ、麺の横にある!って

誘ってる・・・

まんまと買っちゃいました。
完全に誘導されました。

一度外に出て待ちます。
そこで食券の確認〜

胡麻極辛は辛さとシビレが調整出来るとのこと。

「辛さは5倍までできます」

とのことでしたが、デフォでも辛さ度8ってことでそのまんま。

シビレは”ちょい強め”がイイ!と相談したら大シビを勧められたのでお願いしました!

すぐに中に通され着席。
そしてやってきました

胡麻極辛が着丼

胡麻極辛    ¥930
野菜大盛り   ¥60
チーズ     ¥60

大シビ、タイムサービス→スラ玉

野菜大盛りにしたので

モヤシがタワーに!
ひばり二郎みたいな細めモヤシタワーがやってきました(笑)

久しぶりです胡麻極辛サマ!
この時はランチタイムを過ぎていました、高田馬場店では平日14:00~18:00の間タイムサービスをやっているそうで

  • ライス
  • スラ玉
  • 麺大盛り

のどれかを付けられる、ってことでスラ玉にしました。

それでは山盛りモヤシの下にある麺を引っぱりだし
ひき肉、スープがたっぷり絡んだ麺をいただきます!

うまー!

その名の通りたっぷり入った胡麻がすごく効いています。

ちなみにスープは

結構ドロドロ

辛さは確かに食べた感じ8くらい、程よい辛さです。

(以前東池袋店で食べた時に↑)

ですがそれだけでなく唐辛子の辛さとは違う鋭い花椒の”シビレ”がこのスープにはいます。
突き刺さる!というほど強力なワケではなく、”ピシっ”とくる〜という感じ。

大シビで強力に舌が痺れる、って程ではなかったのでハッキリとした鋭い花椒の刺激が欲しい時は超シビがいいかもしれません!

ってかあらかじめひき肉がスープの中に入っているこの味噌味といいこれって担々麺のスープですね(笑)

そして途中で気づいたのですが前に食べた時に感じた生姜のスッキリが今回ほとんど感じないという。

だから尚更担々麺っぽく感じたのかもしれません。。

ひき肉以外の具材はというと、モヤシ、ニラ、スラ玉(半玉)、白ネギ。

そして誘われるようについつい買った

この担々麺風スープにチーズは果たして合うのか・・・

イッキにぶっかけていただきます!

確かに美味しいけど、これは正直”無くてもよかったかな”って感じ。
このチーズに近い役割を胡麻のまろやかさが果たしちゃってるかも・・・

と。

なんだかんだいいながらむしゃむしゃ食べて1.5玉の麺も難なく完食!
麺とスープの絡みがいいので完食した段階で結構スープが減ってました(笑)

残ったチーズインドロドロ胡麻スープの底には大量のひき肉が沈んでいたのですくってスープと楽しんでいたら、間も無く完飲というところまで・・・あぶない。

ごちそうさまでした。

そういえば最近ひき肉ものに穴あきレンゲ付かないですね。
方針が変わったのかな??

まとめ

今回は蒙古タンメン中本高田馬場店で胡麻極辛を食べてきました。

東池袋店で以前食べた時はなかったシビレの調整ができるようになっていて、自分好みにカスタマイズして食べることが出来るように進化していました。

今は東池袋店の他に大宮店でも食べれるみたい。

食べた時は両隣の席でも胡麻極辛オーダー(さすが!)、しかもタームサービスをどちらもライスにしていました(笑)
確かに麺食後のひき肉inスープはとってもライスに合いそうですね。

デフォルトで半スラ玉が入っているのでやっぱりライスが正解だったかも・・・

ってか舌がばかになってたのかな、生姜味がほとんどしなかったのが残念。

たっぷりの胡麻でまろやかなスープと花椒の刺激の合わさったスープはくせになります。
次はライスとセットで。

と心に誓い退店しました。