宅麺で二郎インスパイア店『夢を語れ』の汁なしを作ってみた!

人気店のラーメンが家でも食べられる!と評判(らしい?)の『宅麺.com』ですがその実力がいかほどのものなのか?と気になりまして。

ホームページを見ていてまずいちばん初めに目がいったのが今回食べてみたのがこちらでした↓

『ラーメン荘 夢を語れ』がリリースしているものが実際のお店にはないメニューだったのでこれは食べてみないとな・・・と。

実際の店舗の券売機↓


この通り通常のラーメンのみで『汁なし』はないんですよね。。

あー『夢を語れ』の汁なしってうまそぅ!

と思い実際にお取り寄せして作って、そして食べてみました!

お店に行ったときの様子はこちら↓


お店もおすすめ。

スポンサーリンク

宅麺「夢を語れ」ラーメン汁なしver(味付け脂つき)を調理!

パッケージはこんな感じ

ふむふむ。
そんでもって中は

右上から時計回りで

  • スパイシー脂
  • 具入りタレ(ブタ)

この三つ!
はい、ここで気づいた方はさすがです。
ヤサイ関連は当たり前ですが自分で用意しなくてはいけません

ここで一旦スーパーへ笑
もやしとキャベツ、ニンニクと。

必要なものが全部揃ったところで”作り方”を見ながら作って行きます。

特に難しい事はありません。
一人暮らしでコンロが一口のキッチンでも工夫すればぜんぜん出来ます!
ヤサイを茹でた湯で丼を温めながらスープを温めつつ、電気ポットでお湯を作りすぐ麺茹でするなどすれば時間のロスも限りなくなくせるかな!?と。

ちなみに付属の作り方にはオリジナルトッピングの作り方も書いてありました。
(豚肉トッピング&半熟味玉の作り方&特製白髪葱の作り方!!!)

今回はキャベツとモヤシとニンニクを買ってくる際にネギも買ってきたので+トッピングしてみようと思います。

そんなこんなでやっと完成!

「夢を語れ」ラーメン汁なしverを実食!

ラーメン汁なしver  ¥プラスレス

トッピングコールはオリジナルなので割愛(笑)

別角度から見てみましょう。

もともとのスープにも”アブラ”が入っていますが、別袋の『スパイシー脂』がインパクトありますよね。

こっちは実店舗でも提供されていたものです↓

お店のよりもゴロゴロしてます!

そしてパッケージの完成写真にいっぱいのっかっていたかつお節をのせて。

頂きます!!!!

当たり前ですがお店とおんなじ麺、極太です。
茹で時間を少し短めにしてゴワゴワ感を好みの感じに仕上げました!

当たり前の様に美味いです。
ちなみに麺量は290gということでまぁまぁなかなかのボリュームです!
(まぁまぁといいながら食後は腹一杯でした笑)

そしてスープなんですが、『汁なし』ということで・・・笑
ですがラーメン荘の味ですね。お店の味を知ってる人なら納得なハズ!

とんこつ感は控えめながらカエシがビリっと効いています。
そこにアブラ、スパイシー脂、ネギに足したごま油やかつお節、そしてニンニクなどで奥行きのある味わいに仕上がっていますね。

ヤサイはもやしが一袋、キャベツは一玉の1/8くらにしました。
それでもお店よりキャベツは多めかな?という感じでしたよ。

湯で加減は普通くらい。
イイ感じです。

そしてやはり気になるのがブタではないでしょうか!?

大きいブタが”ドスン”と一切れ入っています。

これはウデですね。
長期保存タイプのチャーシューにありがちな”ホロホロを越えたポロポロ”になっておらず、

ブリッ

とした歯ごたえのいかにも”ブタ!!!

という噛み心地。
味が身のど真ん中まであえてしみ込んでいないことでちょうどいい塩分感でした。

全体的な量は『もの凄く多い』という訳ではないのでさくっと完食できちゃいました。

汁なしとはいえ最後に麺の汁が少し残ったので『追い飯』+卵黄しようかな!?

とも思ったのですがさすがに食べきれる気がしなかったので断念。

まとめ

家で本格的に!
みたいなキャッチフレーズがどれ程なのか?

と思っていましたが”意外と”ってか、かなり美味しかったです。

今回オリジナルトッピングはネギだけでしたが、ほかにも色んな可能性がありそうだな!?と。
ヤサイやニンニクの量や刻み方を好みにできるだけでなく、
汁なしであれば、ショウガorベニショウガや玉子にチーズ、某有名店でもあったマヨネーズやベビスターをオリジナルトッピングするのもいいかもしれませんね。

宅麺ってこんなにイイ!そのおすすめポイント!

実は宅麺で同時にほかにも買ったのでたべたらまた報告していきます!
ってかもうひと回りおおきなドンブリ買おうかな。
今回パンパンだったのでそれがフツーの汁アリだとあふれちゃうかも・・・