中本コラボの最強バッキバキラーメンを食べてきた!意外と辛くない?

またまた突然の発表、そして発売となった人気格闘アニメ『バキ』とのコラボラーメンの『最強バッキバキラーメン』!

LINEメルマガで知ったのが先行発売が始まる2日前。

店舗限定、しかも限定30食って・・・

またまたなんちゅうドSな(汗)
でも知ってしまったからには行かずには入られないんですよね。

 

”5つの「最強スパイス」が一同に会する”とあって内容的にも興味をそそられるこのメニュー、その味はいかに。
ってことで中本に向かいました!

蒙古タンメン中本高田馬場店に到着

開店が11:00の馬場店、お店に着いたのが10:30過ぎ辺り。
その時点で20人ほどの並びでした。

開始初日ということもあって混んでいたんだと思いますが、それにしてもこのメニューへの期待度の高さが伺えます。
(刃牙の人気がすごいのね。。)

 

開店時間と同時に順に店内へ入って食券を購入。

最強バッキバキラーメン

高田馬場店ではもはやおなじみ、限定メニューは手書き(笑)
腕らしきイラスト(ってか絵)になんだかツッコミたくなったのは私だけではないはず・・・

 

数人前の時点で店内はもういっぱい、座りきれなかったので外に出て待ちます。
もうその時点で限定数以上の並び列でした・・・即完売

 

 

外待ち時に食券の確認が入り、同時にスタンプカードにもにも捺印!

店内に呼び込まれ席に着くことができたのは開店から30分ほど過ぎてから

辛いらしいからやっぱりみんな食べるのに時間がかかってるのかな?

 

なんて思ったらちとビビってきました。。

 

まずやってきたのは

最強バッキバキラーメン1

めずらしく烏龍茶にしてみました。

ゆで玉子が入っているのは知っていたのであえてコレに。
辛かったらとても助かるでしょ!?

 

そして

最強バッキバキラーメン着丼

最強バッキバキラーメン2

最強バッキバキラーメン  ¥1100
チャーシュー       ¥210
チーズ          ¥60
温泉玉子         ¥60
ネギ           ¥60
バター          ¥60

LINEクーポン 烏龍茶

 

はい、ビビり過ぎて辛さ抑え用のトッピングをいっぱい用意しちゃいました。
んでもってスタンプ3個押してもらえました(笑)

 

それでは

最強バッキバキラーメン3

いただきます。

 

 

 

んん

 

 

うまーーー!

 

あれ、甘い!?
そして確かに辛いんだけど体感的には北極ラーメンと変わらないくらい。
なんか肩透かし感・・・。

そっか、スープにハチミツが入ってるんだ。

んでもって、いつもとは違うちょっぴり複雑な香りがします。
唐辛子じゃない辛味の成分からきてるのかな?

スープの色や粘度は通常の北極と変わらない感じでした!

 

にしても

店主・白根誠さんいわく、このラーメンの辛さは「北極ラーメンの辛さ5倍以上」に相当するとのこと。
分かりやすく説明すると、辛いメニューぞろいの同店の中でも極めて辛く、公式サイト上で「初めての方はご注意ください」とただし書きされているのが、北極ラーメン。

出典:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1806/21/news012.html

ってあって中本の唐辛子、粉唐辛子、ハバネロ、カイエンペッパー、ジョロキアと5種類の”辛み”が入ってるってあったし。
だからよっぽど辛いのかなぁ、って思ってたんです。

 

でも意外と食べやすい!

しかも

最強バッキバキラーメン8

背脂も入っていることで辛さがまろやかになっているんですね。

 

もう大丈夫じゃん、こうなったらトッピングを全部のっけて(笑)

食べることにします。
全部のせするとすっごいジャンクな見た目!

 

ちなみに具材はデフォルトで

スライスされたゆで玉子が丼の淵に等間隔に配置、そして角切りチャーシューがたっぷり入っていました。

 

野菜はキャベツとモヤシ。
シャキシャキ感がしっかり残っていて箸休めにとてもいい。

その下にはぶわーっと背脂が敷かれていました!

んでもってスープには中本スープの旨味の元、バラ肉もちょこちょこ入っていましたよ。

 

デフォルトの具材は意外とスタンダードでシンプルですね。

 

この日のチャーシューは

”気持ち”炙られている豚トロっぽい食感のもの

アブラがバランスよく入っていて程よく味も入っていてうまいですね。
決して大きくはないですがアリなやつです。

 

 

そんな感じで辛さと甘さ、お肉たっぷりで食べ応えがありますが麺は1玉、もちろん難なく完食。
トッピッングがいっぱいあったのでかなり食べやすくイケました!

 

ごちそうさまでした。

まとめ

今回は蒙古タンメン中本で最強バッキバキラーメンを食べてきました。

アニメ、そして『刃牙』のコンセプトに沿って

  • 5人の死刑囚→5種類の辛味に
  • 範馬勇次郎の名言「上等な料理にハチミツをブチまけるがごとき思想」を実行

するという面白い一杯。

¥1,100というラーメンとしては決して安くない価格ですがバキを知っていたらこのメニューの成り立ちも含め納得できる楽しさがあると思いますね。

 

味は確かに美味しいです、でも何か特別な驚きがあるわけではないかも。

個人的にはもっとバッキバキ(書いてて恥ずかしい)に辛くっても面白かったかな?と思ったり。

最強バッキバキラーメン

普段から食べ慣れている人なら辛宴(バトル)にはけっこう余裕で勝てるはずです(笑)

 

しかし!限定メニューなんで食べるには条件があって。。

 

6月23日・24日が目黒、吉祥寺、大宮、高田馬場、横浜店で30食の限定先行販売

6月25日からは平日のみ各店30食の限定販売。
先行販売していた5店舗に加えて本店、西池袋、御徒町、渋谷、品川、町田、東池袋、川崎、船橋店で開店から限定30食販売されるそうです。
いつまでなのかは告知されていませんが、しばらく販売されそう!

初日は開店前から長蛇の列で即完売でしたが、もうしばらくしたら余裕で食べられるようになるんじゃないかな?
と思います(勝手な予想ですが、今までのコラボ限定を見る限り)

 

あ、そうそうステッカーもGETしました!

食事前からすでに最強認定してもらいました(笑)
花山薫みたいにトランプをまとめてちぎれるようになりたいです!

嬉しいんだけど貼る場所がない・・・

ところで

バラエティ番組『沸騰ワード10』でまた新しい限定メニューが試作されていたんです。

舞台は中本新宿店、歌手・俳優の森崎ウィンさんが出身地のミャンマー料理をモチーフにしたラーメンを試作していて、最後には社長から商品化OKのお許しをもらっていました。

最強バッキバキラーメン

いつ発売かはアナウンスされていませんでしたが、そう遠くはなさそうだな。。

高級素材が惜しげも無く使われた豪華なラーメンだったので楽しみです。
(キャビアものっかってたし)
でかい海老がタマラン。

しかしこれもドS限定の予感しかしませんね・・・ってか絶対そうでしょ!
次の情報を待つとします。

ではでは〜。

コメント

トップへ戻る