蒙古タンメン中本って実はご飯物が充実!まさかこんな丼や定食が!?

激辛ラーメンといえば蒙古タンメン中本
今やもうそんなのは常識ですよね(笑)

そんな中本って実は麺類だけじゃなくご飯物もかなり充実してるんです。

「それってラーメンに付ける定食じゃなくて?」

と思うなかれ、小さな定食からそれ一つでお腹いっぱいになるものまで多種多様なメニューがあるんです。

ここではそんな中本のご飯物をどのお店でも食べられるレギュラーメニューから限定ものまで色々と紹介していこうと思います。

中本のご飯物の定番と言えば『蒙古丼』

蒙古丼 ¥830
(↑こちらはチャーシュー2枚とゆで卵を追加しています。)

蒙古タンメンの麺&スープがご飯になったもの、ってことで辛さ度は5
そこにバラ肉や半ゆで卵が入っています。

味噌タンメンのスープで煮込まれたクタクタの野菜と麻婆がのったご飯はとても美味しいです。

紅ショウガは卓上にあるのでお好みで!
こちらの写真ではチャーシューをトッピングしていますがネギや粉チーズをトッピングしても面白いですね。

ですがこの蒙古丼、意外とっていうか結構量が多いんです。
他のラーメンと一緒にオーダーするともうお腹パンパンで動けなくなっちゃう可能性大!

そんな時のためにあるのが

半蒙古丼

半蒙古丼  ¥500

ハーフサイズの蒙古丼です。

ハーフといえどこれでも女子ならちゃんとお腹いっぱいになっちゃう量。
この器、普通の牛丼のドンブリくらいあります!
ついでにプチスープ(180円)もオーダーして合わせて食べるといい感じ。

ラーメンのお供に

そこでラーメンと一緒に!といえば

中本の飯物

定食  ¥180

定番すぎるご飯のセットメニュー。
当たり前ですがどんな麺にも絶対的に合います!

そして「そんなにいらないよ〜」という方には

プチ麻婆丼  ¥120

ちょっぴり食べたい時にはこれで十分ですね。

しかし新宿店にはそれ以外にも変わった定食が!!!

ほぐチャー定食  ¥210

ほぐしたチャーシューとエリンギが北極スープの餡に入ったもの。
旨味の凝縮された餡はこれでしか味わえません。
ですが北極スープベースということでいうまでもなくかなり辛いです!

インド定食  ¥200

こちらも新宿店でのみ提供されている『インド定食』、要はカレー

体感的に辛さ度は4くらいかな!?
玉ねぎの甘みが感じられる懐かしい味のカレー。

そしてご飯には福神漬けが付いてきます。

限定のご飯物って?

その他にも店舗や期間限定で実に様々なご飯物がありますが、その中でも”個人的に”おすすめなメニューを紹介します!

天津飯

天津飯   ¥650(写真の玉子×2は追加トッピング)

橋本店限定の天津飯、もちろん非辛です。
「でも中本で何故コレ?」

と思うかもしれませんがこれがいいんです!
酸味があるスッキリ餡、大きなたけのこやカニなどが入る基本を押さえたシンプルな構成。
閉じている卵は半熟でふわふわ。ちゃーーんと美味しいんです!
食べてみると中本って辛いラーメンだけじゃなく、それ以外のメニューもしっかり作られているのがわかります。

しかし、せっかくこれを中本で食べるので・・・

別売り単品麻婆をのせてオリジナル天津丼。

これがとっても美味い!

パンチが増していい感じ、ボリュームもあるのでお腹いっぱいになります。

特製樺太丼


特製樺太丼   ¥780

一応限定メニュー何ですが、提供されているお店が多く、”ほぼレギュラー”といえるメニューです。

ライスの量を小(200g)、並(300g)、大(400g)、そして辛さを小辛、中辛、大辛から選べます。

このメニューのポイントはタケノコの食感。
豆腐や餡が柔らかいのでいいアクセントになってるんです。

さらに紅ショウガをのせるとすっきりして箸(レンゲ)が進む、進む。

ほんと美味くて一瞬でお腹の中へ吸い込まれてしまいます!

そしてコレ、調理する人によって結構違うのもまと面白いところ。

こんな風にとお豆腐が完全にクラッシュしている時や、ごま油の香りがやけに強い時があったり、ぶっちゃけ”ハズレ”なのがやってくる時もあります(笑)

味が割とちゃんと統一されている中本にあってここまでブレがある!というのも面白くてまた魅力なのかも。
当たりの時はほんと神がかって美味しく、泣けます。

中国丼

中国丼中国丼   ¥830

見たまんま麻婆丼と中華丼の具が半々にのせられたどんぶり。

ラーメン丼からはみ出そうなくらいたっぷり盛られています。
中華餡はキャベツやもやしなど野菜たっぷりで生姜が効いたスッキリ味、一方中本らしい麻婆はストイックに旨辛を求道!

それぞれ別々に食べていくうちにだんだん二つの餡が混ざり合い、また新しい味の出来上がり。

一杯で三度美味しい丼です。
(ちなみにライス→麺、麻婆→冷味餡の冷味中華というメニューに見た目がマジそっくり!)

吉祥飯


吉祥飯    ¥200

その名の通り吉祥寺店限定で提供されているご飯物。
きちじょうめし』と読むこちら、ご飯の上にキャベツ、半ゆで卵、ひき肉とタケノコがのっています。
体感的に辛さ度3くらい

もちろんこのままでも十分美味しいのですが、一緒にオーダーしたラーメンのスープをちょっぴりかけるとより美味しく食べられます!

そして

こちらが辛いバージョンの吉祥飯RED
食券は同じなので渡す際に

「REDで!」

と伝えましょう。

先ほどのノーマルは辛さがほとんどありませんが、こちらは結構辛いです。
体感的に辛さ度8くらい

そして辛さとともに塩分も増しているのでこっちはそのまんま食べた方がいいかも!?

他にも

橋本店や町田店などで出される『チャーハン』はシンプルながら中華専門店顔負けの本気味、これも麻婆をかけたらとっても美味!

ライスをオーダーして有料トッピング、ラーメンの具材を合わせオリジナル丼を作って〜

などアイディア次第でご飯物と色々なものを合わせて色々楽しむことが可能。

まとめ

今回、実は中本にはご飯物も色々あるよ!ということで定番からおすすめ限定メニューや楽しみ方を紹介してきました。

麺だけでなく、ご飯の気分の時でも中本は優しく応えてくれます(笑)
そしてちゃーんと美味しいので安心!!!

食べたことない方はご飯物も一度試してみてはいかがでしょうか!?

ご飯ものはお持ち帰り可能なものも色々あります!
詳しくはこちらから

⇩フォローすると更新時に通知!

コメント

  1. […] こちらのサイトでも中本のご飯物メニューが色々紹介されていました。 […]