高田馬場で北極やさいシャキシャキを食べてきた!辛さ2倍だけど甘めな一杯?

変わり種だったり、限定モノばかりを攻めていると”基本のやつ”が食べたくなる瞬間ってやっぱりあるんです。
ってことで今回はホームの中本高田馬場店に行ってきました。

基本とはいっても一応限定メニューの北極やさいシャキシャキ
要はやさい部分が炒められてるだけなんですが、これにより結構味が違うんですよね。

ってことでその時の様子です〜。

蒙古タンメン中本高田馬場店に到着

ほどほどに並んでますね。

並ぶ前にお店に入って食券を購入。

ふむふむ。
シャキシャキノーマルか別々の食券になっています。

そして横をみると・・・

お気付きの方も多いでしょう。

券売機では辛10、そして店張りでは辛さ度8

どうなってるの?


ちなみに自分がこれまでココ高田馬場店で食べた印象って他店に比べ辛さが優しいイメージがあるんですよね。
(調理する方にもよりますが)

辛さ増そうかな?

なーんて考えながら一度お店の外に出て列に接続
女性店員さんに食券の確認とスタンプの確認をしてもらいました。

その時に辛さ度問題について聞いてみようかな?とも思ったんですが、初見の店員さんだったのでやめときました。。(極度の人見知りなんですよね汗)

間も無くお店に呼び込まれ着席。

馬場もお水セルフになってましたね。
すぐに

北極やさいシャキシャキ 辛さ2倍 着丼

がやってきました。

北極やさいシャキシャキ    ¥930
チャーシュー         ¥110
北極味玉           ¥120

辛さ2倍、LINEクーポンスライスゆでたまご

早速

いただきます。

んん

うめぇっっっ!

安定の北極あじ。

スープは唐辛子の増量で辛さ2倍になったこと、それでちょっぴりどろみが付いてより麺に絡むようになります。

ちゃーんと『ピリッと』きます。

この北極やさいにはもともとゆで卵が半玉、クーポンで1玉プラスしたので辛さ避難対策も完璧

そして”シャキシャキ”のやさい

炒められたもやし、にら、にんじん、キャベツ、きくらげがたっぷり入っています。
文字通りシャキシャキ、歯ごたえがしっかりあります。
野菜大盛りにすればよかった。。。

その上にちょこんと輪切りの白ネギが鎮座。

この北極やさいシャキシャキは炒め野菜がスープに浸った状態ですが、お店(調理する方)によっては炒め野菜を上にのせる方式のところもあります。
(↑の店張りの写真では後のせ方式なので野菜が赤くない!!)

どちらにせよ食べ進めていく中で、熱々のスープによりだんだん”やさい”から水分が出てきて時間とともにに甘くなってきます。

それがこのメニューの楽しみの一つですね。

そんでもってこの日のチャーシュー

幅広め薄めでほぼ炙りなし、脂身とのバランスがいいものでした。
ホワホワでいいやつでしたね!

スープに通して食べるとウマー。
当たりの連続更新中です。

味玉も

ちょうどいい感じ。
ウマーな半熟味玉でした。

辛さを2倍にしましたがそこまで辛くないうえ、だんだん”やさい”からで出てくる水分でスープが甘くなり(薄まり)美味しく食べられました。

辛さで途中箸が止まる事もなく、いっきに完食!

ごちそうさまでした。

まとめ

今回は蒙古タンメン中本で北極やさいシャキシャキを辛さ2倍で食べてきました。
いうまでもなく美味かったです。

辛さ度の謎は未解決のままですがそれはまたいつか・・・
ってか対して疑問にも思ってないけど(笑)

自分的には北極に”やさい”をのせるなら辛さは2倍にした方がいい感じです。
次は野菜大盛りにして食べてみようと思います。

もはや野菜たっぷりだけど、唐辛子たくさんで身体にいいんだか悪いんだか・・・

ちなみにこの時、隣の席に座っていた見た目強めなお姉さん北極の火山を辛さ10倍でオーダー。
矢のようなスピードで完食していました。
(かなり汗びっしょびしょだったけど)

北極の火山ってもともとかなり辛いのに・・・

ってか今月もう他に食べたい限定メニューが見当たらないので、レギュラーメニューをちょこちょこ食べていこうかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする