東池袋中本で冷し味噌やさいブラックを食べてきた!食欲をそそる香りがイイ

今回は新たな限定『冷し味噌やさいブラック』を食べに蒙古タンメン中本東池袋店に行ってきました。
LINEメルマガで初めてみたときこれ今までにどっかでなかったっけ?
と思ったのですが、どうやら初なんですね。
もう限定がいっぱいありすぎて(笑)

それではその時の様子です!

スポンサーリンク

蒙古タンメン東池袋店に到着

サンシャイン通りから少し横に入ったとこにある東池袋店。
入り口には早速

貼ってありますね!
これ、オリジナルではなく『冷し味噌やさい』のものに書き足してありました(笑)

しかも”マー油”部分ははマジックで黒く塗ったものっていう・・・

早速店内へ入り券売機で

お目当の『冷し味噌やさいブラック』を購入!
実はこちらは15:00から40食限定なのだそうです。
お店に着いたのは18:00頃、

もしかしたら

「もうなくなっちゃってるかな?」

と思ったのですが、あってよかったです。
ついでに夕食時のちょっと前だったからか空席あり!

すぐに席に通され食券を確認、ポイントスタンプを押してもらって待ちます。
(この日やっと一冊溜まって新しいのをもらいました)

ちなみに『冷し味噌やさいブラック』は辛さを5倍にまですることが可能だそうですよ!

冷し味噌やさいブラック着丼!

冷し味噌やさい  ¥1040

LINEクーポンスラ玉

やってきました。
麺皿

麺は説明するまでもありませんね。
ピシっと水でしめた中本の”冷し”麺。

そして

つけ汁。
何やら黒い物体がのっかっていますがこちらが『マー油』ですね。
食べる前から湯気に乗って香ばしい香りがしてきます。

マー油は”ごま油でニンニクを焦がしたもの”という通り、冷やし味噌やさいにごま油と焦がしニンニクの香りが加わったものと言えば分かり易いかもしれません。

以前食べた『北極ブラック』や『和風黒北極』はスープ全体が真っ黒でしたが、こちらはそういう感じではないですね。
(しかも和風黒北極はイカスミだし笑)

早速食べてみます。

つけ汁に通し、リフトするとぱっと見は普通の冷やし味噌やさいなのですよね(笑)

頂きます!

ん、んん。

いい意味で期待通りの味!
食べる前から香りが強いこちらですが、実際に食べるとごま油と焦がしニンニクの風味が口の中全体に”ぶわっ”と広がります。

美味いですね!!!

つけ汁は熱いのですが、麺が冷たいので食べる際はちょうどいい具合の熱さになっていました。

具材は冷やし味噌やさいと同じく、キャベツ、もやし、ニンジン、にら、タケノコ、きくらげ、ピーマン、タマネギそして肉がたっぷり入っています。

煮込んだものではなく、シャキシャキです!

ですが・・・

するする食べ進めていると、だんだん油っこさが気になってきちゃったんですよね。。
元の『冷やし味噌』のつけ汁にも油分は結構あるのでそこにマー油が入るとさすがに・・・
野菜があるので少し緩和されるとは言えこってり度は結構高いなと。

途中スライスゆで玉子をはさみながら完食!

そう言えばあまり辛さを感じませんでしたね、デフォルトでちょうどいい感じでした。
これなら2~3倍でも全然大丈夫そう。
油分で少し辛さが相殺されていたのかもしれませんね。

ヤサイはぜーんぶ食べて、スープは少しだけ飲んで終了!

お店を後にしました。

東池袋と言えばこの『冷し肉醬麺』や『肉豆腐醬麺』というイメージがなんだかありませんか?

まとめ

冷し味噌野菜ブラックはマー油がとても食欲をそそるいい香りで美味しかったです。
ただ自分にはちょっと油分が多かったかな??と感じました。
(散々二郎とか食ってるだろ!といわれても、それとはまた違うんですよね。。)

そういえば食べている最中に吉祥寺店には普段から有料トッピングで『マー油(¥60)』があったな!?
と思ったんですよ。
なので実は”このメニュー”、吉祥寺でも食べられるんじゃないかな?って。
吉祥寺で『冷し味噌やさい』はレギュラーでなく限定なのですがその時に行けば今回と同じ値段¥980+¥60でイけちゃいますよね!
どちらにせよ”限定”ではあるんですけどね(笑)

いつか試してみようと思います!

そしてもうすぐ『北極の秋』が始まりますね。
すでに何度か食べたことがありますが”四季シリーズ”が移り変わる事で季節感を感じます。

もう秋がきちゃうのか、早いなぁ。