中本西池袋店で冷しタンタン麺を食べてきた。ラー油と胡麻の絡み合う甘いやつ!

今回は蒙古タンメン中本西池袋店に期間限定メニュー「冷しタンタン麺」を食べに行ってきました。
”冷やし”とはいえタンタンメンといえばどこでも食べられるメニュー、そこには中本らしさもしくはオリジナリティがあるのかレポートしていきたいと思います。

スポンサーリンク

蒙古タンメン中本西池袋店に到着!

やってまいりました、それでは店内へ!
早速商品写真がありました。

某サイトではこのメニュー、”和え麺”タイプもあるとのことで

『どっちかな?』

って思っていたんですが、つけタイプなんですね!!

お店に入り左へ

券売機で食券を購入するのですが

位置が中程一番左、『北極の炎』の左隣なんですが、メニュー名の部分が”真っ暗”だったのではじめ

「売り切れかっっ!?」

と思ってしまいました。

この日はいつもとは違う有料トッピングも購入しましたよ。

食券を買ったらその先、地面にある赤いテープの前に並び待ちます。
ちなみにこの日は店内待ちが2人ほどでした!

その後まもなく店員さんに誘導され着席、食券の確認とスタンプカードの捺印をし、待ちます。
そして間もなく

冷しタンタン麺が着丼!

冷しタンタン麺  ¥880
北極味玉     ¥120

やってきました!
こちら器が『中本』のものですがそうでないフツーの真っ白な器でやってきたら正直『中本』のかわかりませんね(笑)
いい意味でそれくらいちゃんと”タンタンメン”ってことね。

それぞれ見ていきます!


つけ汁ですがまず目に飛び込んでくるのがチンゲンサイですよね。
タンタンメンといえばこれがないと始まらない!
という定番具材
そしてモヤシとひき肉がはいっています。

モヤシが”中本”っぽさかな(笑)

ですがシンプルでほんとにタンタンメンらしいつけ汁ですね。
そして麺皿は

水でしめられた麺の上にネギがのっています。
ではいただきます!

胡麻ゴマごま!!!

ですね!!
温かいつけ汁は意外とサラっとしていて絡みはそこまでがっつりではなかったのですが、それでちょうどいい味の具合。
そしてタンタンメンらしい胡麻の風味がしっかり香ってきます。
ですが嫌味っぽくなく、その後からついてくるラー油の風味できちんと締まっています。

ちなみにタンタンメンといえばよくあるのが”シビレ”系のスパイスですが、そちらは感じることがなかったので入っていないのかも。

食べているとこんな

中本らしさが(笑)

ひき肉だけではなく、普通のブタちゃんも入っています!

肝心の辛さはというとかなり控えめ。
甘さが強いからそう感じるのかな?

つるつるしてのどごしがいい麺、あっという間に麺を食べてしまいました。
そしてやはりつけ汁が結構余ってしまいましたね・・・

そこで最後に残しておいた北極味卵玉&スラ玉をつけ汁とともにいただき完全FINISH!
ってか北極味卵玉美味しい!!!

まとめ

今回は冷しタンタン麺を食べてきました。

一言でいうと胡麻感満載の甘ーい一杯でした。
正直”中本”らしさはあまりありませんが、普通に美味しい&食べやすい夏仕様のつけタイプタンタン麺じでしたね。
”らしい”ものは蒙古タンメンや北極を食べればいいですから(爆)

後から知ったのですが、注文時に辛さが5倍までアップできるそう。

デフォルトだとほとんど辛くないので刺激がほしい方は注文時に

空さ〇倍で!!

とオーダーしたらよいかと。

自分的には元が甘いので3倍くらいにしてもよかったかなーと思いました。
そしたらまた違う味わいだったかも。。。
そしていつものことですがこれまたご飯が残ったつけ汁とい相性がいいと思います。
ひき肉がたっぷり入っているので玉子とともにシメにピッタリなプチ丼が完成!

余談ですが

8月に入り今月の限定メニューが発表になりましたね。
気になるのが

東池袋店の「冷し味噌やさいブラック」

本店の「アラブそば」

です。
本店の「アラブそば」ははじめ「アブラそば」かと思ってしまいましたよ(笑)
そのヒネリ方に”らしさ”を感じてしまい勝手に期待&楽しみにしています。

他にすでに食べたことがあるメニューでも近所で味わえたりするので今月も身体を壊さない程度に味わっていきたいと思います。