眞久中(まくなか)でまぜそば!旨かったけど、前より麺が細くなった?

以前早稲田にあったロープのようなぶっといゴワゴワ麺が特徴の二郎系インスパイア店”眞久中まくなか)”。

「アソコと張れる太麺のお店ってそうそうないでしょ!」

とakumaの周りでも評判だったあの”眞久中”が御茶ノ水・神保町の間あたりに移転した!

という情報をキャッチしたので久々にそのヤバイ麺を味わいに行ってきました。

その時の様子や感想をレポートしていこうと思います。

御茶ノ水駅から歩いて眞久中(まくなか)に到着

JR総武・中央線「御茶ノ水駅」の西側、御茶ノ水橋口を出て明大通りを南下すること5分ほど。

楽器屋や明治大学駿河台キャンパスを過ぎ少し落ち着いた雰囲気のあたりに差し掛かった頃、道の左側に黄色い提灯が見えてきました!

あった!!!

ハイテク券売機

早速お店の中へ入るとすぐ右手には食券の券売機がありました。

その券売機がまたハイテクで(笑)

まずお金を入れると

メインメニュー画面、ゲームかこれは。

ここからの画面遷移は大まかにこんな感じ。

この券売機で無料トッピングまで指定、あとは出てきた食券を渡すだけでオーダーが完了なんです。

 

基本メニューは

  • ラーメン
  • マゼソバ
  • つけ麺(あつ盛りがオススメだって!)

の3種で量は

  • 小 150g
  • 中 250g
  • 大 400g

その他にトッピング、おつまみ、ドリンク(お茶からアルコールまで)といった感じ。

そして無料トッピングも券売機内で!

麺の硬さ 普通・やわ目
野菜   なし・少なめ・そのまま
あぶら  なし・あり
にんにく なし・少なめ・マシ

この中から選択、もっと増やしたい場合は有料になるって仕組み!!!

合理的かもしれないけど、ちょっとややこしいので混んできたら券売機で待ちができそうな気がする。。。

ってか今後はこんなお店増えていくんだろうな。

着席して眞久中の店内の雰囲気を楽しむ

無事食券を購入してと。

券売機横にある給水器で水を汲んで(下にレンゲも有り)、空いている席へ着席、店員さんへ食券を渡しました。

店内は木の感触を活かした内装でピッカピカ✨で広く、席はL字カウンターに15席ほどとちょっと多めですね。

席間はゆとりがあり居心地もいい感じです。

 

ちなみにこの時は昼と夜の間の時間、他にお客さんが3人ほどでした、あれっ😅
(こちらブレイクタイムがない通し営業!!!)

卓上には

ショウユ、トウガラシ、ブラックペッパーが設置。

そして割り箸と爪楊枝、そしてティッシュもありました、これは助かります。。

 

極太麺だからかな?やはり茹でるのにかなり時間がかかる様子、食券を渡してから15分程で…

眞久中(まくなか)のマゼソバが着丼!

マゼソバ 眞久中盛り ¥1240

野菜   そのまま
あぶら  あり
にんにく マシ

そんでもって魚粉とニンニクは

別皿でやってきました。

ってか食べた後に気づいたんですが、「眞久中盛り」なのに味玉とうずらを忘れられてました(泣)

ではではごん太の麺を引っ張り上げ

いただきます。

 

んん

 

うまーーーー!

やっぱりすげぇ。

眞久中(まくなか)のマゼソバの麺とタレ

眞久中といえば

やっぱり太すぎる麺

若干ちぢれている麺はゴワゴワのボギボギの食感で、ホント小麦を食べてるって感じがするやつ。

この重い麺をすすることは不可能、これは”かじる”ものです。

ハッキリ好みが分かれるやつだけどakumaはもちろん大好きです!

そして麺が浸るくらい結構な量が入っているタレはまろやか。

よしっ、ここでニンニクをドロップ

眞久中(まくなか)のマゼソバの具!

クタ寄りのヤサイ、キャベツは少なめだっかな。

その上に卵黄、そしてブラックペッパーがぱらぱら。

こういう”和え麺”はブラックペッパーがホントに良く合いますね!

 

akumaはこういった”まぜそば”イッキに混ぜないで少しづつ合わせながら楽しむのですが、ここは先ず卵黄を潰して下のヤサイをつまみ

アブラを引っ掛けてサラダっ。

うーん…
アブラは薄味だったので別皿でやってきた魚粉を掛けてもう一度食べると・・・いい感じ!

そして

ベビスターフライドオニオンフライドガーリックのパリパリ3兄弟!

まずはこれを麺にひっつけてサクッとした食感を楽しみます。

その後タレと混ぜてっと。
クタクタになってしまうのですが、全体に香りと旨味がいきわたり更に箸が進みます。

 

そしてブタ
たくさん入っているように見えますが、実は一枚一枚が薄い・・・

食べてみると柔らかいんだけど、ちょっとパサってて旨味が抜けちゃってる感じでした。

味の方は薄味でタレに通して丁度いい具合、総合的にはちょっと惜しいかな!?

 

後半には残った魚粉、カツオ節も全部打ち込んでぐるぐる混ぜてラストスパート!

美味しく頂き完食、ごちそうさまでした。

眞久中(まくなか)のマゼソバの感想とまとめ&店舗情報

移転&リニューアルした眞久中の麺は相変わらず強力で食べ甲斐があって美味しかったです!

ブタがもっと良ければさらに食べごたえがUPするのになぁと思うのですが。

ってか前は麺がもーっとゴッツい感じだったような気がする・・・と思って数年前に初めて行った時の記事を見直してみると↓

今がロープなら昔はコレ綱だわ。。

こうしてみると今は随分落ち着いちゃったね。。

早稲田 眞久中(まくなか)ラーメン
Twitterを見てたら目に入ったものすごい極太麺、そんなに遠くないのでこれは行かねばと足を運んできました。 蓮○よりも麺が・・・なんていうネットのレビューもあったりなんかして、そんなにトガってるのならば一度は食べてみなければなりませんか...

しかし今でも他のお店の麺より充分太すぎるし、以前よりアクセスが全然良くなったし、もちろん美味しいので1度は食べてみるべきだと思います。

ってか「眞久中盛り」の味玉とうずら1個たべたかったなぁ(泣)

またいこっと。

眞久中

月~金    11:30~23:00(Lo.22:30)
土・日・祝  11:30~21:00(Lo.20:30)

・不定休

お家で人気インスパイア店のラーメンが食べられる!

二郎インスパイア系の名店のラーメンをいつでも自宅で食べられる方法があります。
それが『宅麺.COM』のラーメンお届けサービス!

【おすすめポイント】

  • 『富士丸』や『夢を語れ』などの人気店のラーメンを並ばずに食べられる
  • お店で出しているスープや麺、具材をそのままパッケージしている
  • お店では出来なかったアレンジも可能
  • 意外と簡単につくれる!

↓宅麺のラーメンを家で作って食べました!

(↗ 埼玉の人気店『麺屋桐龍』のラーメンを自宅で!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました