用心棒 本号で冷しまぜそば!ガリマヨと辛タマで激ウマの夏ラーメン

最近完全に夏ラーメン(冷やし中華)にハマり、ネット上で検索しまくる日々(笑)

そんな時に見つけたのが(今さら ?)東大近く、文京区は本郷にある「用心棒 本号」の”冷しまぜそば”!!!

それが何とも美味そうだったので食べに行ってきました。

その時の様子や味の感想をレポートしていきます!

用心棒 本号に到着

南北線東大前駅を出ると本郷通り、道を進むとすぐのところにある「用心棒 本号」

そっち系のラーメン屋にありがちな派手な外観では無く、周りの景観に馴染んだ外観なので注意して歩かないと見逃しそうになります(笑)

この時は外待ちが1名と混雑具合は落ち着いていました。

ちなみにお店の外に並ぶ時は

こんな感じにしましょう!っていう張り紙。

そんでもって

店内待ちは5人まで!

先客が退店する際に店員さんから

どうぞ〜

と中の店員さんから声がかかったらお店の中に入ります。
入ってすぐ右に

券売機があるのです食券を買います。
この時のメニューは基本

  1. ラーメン
  2. まぜそば
  3. 冷しまぜそば

この3つで量の違いやトッピングが他にあるという感じでした。
ちなみに麺量は

  • 少なめ 麺量200g
  • 普通  麺量300g
  • 中   麺量350g
  • 大   麺量400g or500g(ラーメンのみ可)

ちなみに少なめの半分とかも可能みたいですよ。

店内で待っている際にどの麺か?と麺量を聞かれるのでその時に希望の量を申告しましょう!

 

順に進んでいき席が空き、店員さんから着席の声がかかったら

列先頭にある給水器で水をくんで、レンゲを持って席へ!
(ちなみに給水器上にはティッシュがあるので嬉しい)

座ったらカウンター高台に食券をのせて待ちます。

卓上には

一味にお酢、ラーメンだれとコショウがあります。
必要十分ですね!!!

 

壁にはトッピングコールの仕方が書かれています。

ラーメンは

  • ニンニク
  • ヤサイ
  • アブラ
  • ショウガ
  • 辛アゲor辛タマ

まぜそば・冷しまぜそばは更に

  • ガリマヨ

のトッピングが可能!

 

店内はカウンターのみ12席
狭いけど意外と席数あるのね!

 

色々トッピングがありすぎるのでスムーズに言えるように麺がやってくるまで頭の中で復唱し続けること10分、運命のトッピングコールが入り・・・

冷しまぜそば着丼

きちんと言えた!!!

そして

冷しまぜそば(少なめ) ¥800
味玉          ¥100

トッピングコール→ヤサイ・ショウガ・辛タマ・ガリマヨ

やってきました。
旨そ~。

早速具の隙間から麺を引っ張り出して

いただきます。

 

 

んん

 

うまーーーーー!

これヤバッ。

酸味の効いたさっぱり味のタレ、そこににピリッとコショウがアクセント。

めちゃくちゃうまいじゃんこれ。

 

麺は

しっかり冷水で〆られた中太微縮れの自家製麺。

とってもブリンブリンでかなり弾力があってうんまい。

太さが不均一なのもまた良い!
ほんと触感がイイ。

 

これレベル高いぞ。。

沢山の具材

  • シャキシャキの白ネギ
  • 卵黄
  • 揚げ玉
  • プチトマト
  • ヤサイ

とデフォルトのものだけでもかなり豊富!

ネギやトマトなどさっぱり系のものがありつつ、卵黄や揚げ玉のようなまろやかさ&コクも楽しめるようになっていたりとかなり絶妙な組み合わせになっています。

 

ヤサイは普通のモヤシ&キャベツon the 水菜&紫タマネギ

”普通の”と言ってもクタクタに茹でられたものがきちんと冷たくされていて全く手抜きなし!

これをガリマヨと食べるとタマラン

 

本来ならばまず最初にまぜまぜしてから食べるんだろうけど、筆者akumaは最初に麺とそれぞれの具を別々に合わせたりしながら食べるのが好きです。

 

さらにトッピングコールでプラスしたショウガと初対面の『辛タマ』で食欲が刺激されまくります。

 

そんな

辛タマ、タマネギキムチみたいな味なんですね。
そのシャキシャキ感と酸味はこの麺&タレに合わないわけがありません!

この冷しまぜそばには初めから”揚げ玉”が入っているので辛タマにしてよかったです。

ってかもっと入れてもらえば良かった。。

 

そして具材の花形『豚』

完全にマヨブロックされています(笑)

 

デフォで1枚、6つに切られていました。

巻きバラのうまーいやつです。
味の入り方、お箸で持ったら崩れちゃいそうな柔らかい歯ごたえと文句なしのクオリティ。

 

ちょっと小さいのが…って感じですが、それなら追加しろ!
って話(笑)

むしろ夏麺だしここは潔く1枚がベストなのかもしれません。。

 

味玉は

とろっとろにあふれる黄身・・・という事はなく、ギリ半熟(笑)
濃いめの旨味でした!

 

とにかく食う

全体的に決して軽いわけではないですが、何より美味しくて食べやすいので全く箸が止まりません。

 

あっという間に完食しちゃいました。

 

ごちそうさまです!

普通盛りにすれば良かった・・・。

冷しまぜそばの感想とまとめ

今回は用心棒 本号で冷しまぜそばを食べてきました!

夏にぴったりなさっぱりなんだけどがっつり食べられるとても美味しい麺でした。

色んな具材やトッピングを合わせて自分好みにして食べられる楽しみもあるしコレはおすすめ。

 

ガリマヨでかなりジャンクになってるけど、入れなかったら意外と”冷やし中華”っぽくなりそ。。

 

あと豚が美味しかったから今度は追加しようと思いました!

そうそう、用心棒といえば千里眼や鷹の目と関係店

今回の冷しまぜそばはメディアに登場し話題になった千里眼の『冷やし中華』とどうしても比べられてしまいがちですが、ぶっちゃけ全くの別物ですね!

 

ヤサイ、お肉はもちろん、そもそもベースのたれの味が違いますし。。

 

個人的には・・・どちらも優劣つけられません、どっちも好きです←なんじゃそれ。。

 

まだまだ夏麺探索を楽しんでいきたいと思います。

 

ではでは~。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました