韓国で唯一の二郎インスパイアラーメンを食べてきた!店名が激ヤバw

今回は海外編!

最近では海外に行く時はせっかくなんで”二郎っぽいラーメン”がないかな?

と一応リサーチするんです。
ちょいと韓国はソウルに行ってきたのですがこの通り(笑)ありました。
なかなかヤヴァいインスパイア系ラーメンが!!!

韓国ではラーメンを確かに食べるみたいですが『乾麺文化』らしいのでまさかあるとは思っていなかったんですけど。。

ってな事で韓国編です。

Sponsored Link

濃いラーメン二郎に到着!

衝撃の店名、その名も「濃いラーメン二郎」って(笑)
お店の存在を知った時は震えましたよ。

 

調べたところソウル中心部から結構離れているんですよね。
誰もが訪れる明洞から南方へ地下鉄でおよそ50分ほど。

乗り換えを何度かして辿り着きました。

亭子駅、5番出口から出て、歩いて1分ほどの場所にありました。

 

ドン!!!

これヤバイでしょ(笑)
看板の色合いも丸っきり・・・

早速お店の中に入ります。

 

券売機は無いようでそのまま席に通されました。

 

直接オーダーか・・・

 

メニューはというと

バリバリのハングル。
何って書いてあるのかサッパリワカリマセン!!!

ってことで訳すると

 

オリジナル豚骨  8000w
スパイシー豚骨  8000w
ラーメン二郎  10000w

チャーシュー丼   7000w

 

 

有料トッピングが
チャーシュー追加 1000w
味玉       1000w
生卵       500w
麺大盛り     1500w

ドリンクが

コカコーラ    2000w
ソーダ      2000w

ビール      2000w
月桂冠      6000w

 

そしてご飯は食べ放題でしたね。
こちらにはメニューに書いてある順のまま並べました。
現地でオーダーする際はこちらを参考にメニュー指差しでどうぞ!

 

 

 

店員さんを呼びオーダー!

ここはもちろんアレしかないでしょ(笑)

卓上には

 

たくあん、胡麻、コショウ、そして

ニンニク!

好きな量だけ自分で潰して入れられるタイプですね。
(野方●ープなんかもこのシステム)

現地のお客さんは砕かないでそのまんま入れてました!!!

 

これらを使っていろいろカスタマイズ可能。

 

自分でお水を用意して待ちます。
およそ10分ほど待ったでしょうか、そしてとうとう・・・

ラーメン二郎 着丼

ラーメン二郎 10000w (日本円で¥1000ほど)

ちなみにトッピングコールはありません!
麺固めもできないみたいです。

 

 

それにしてもなかなかの盛りです!

ヤサイ山脈の頂上にはデフォルトでかなりアブラがのってます。

まずは喰ってみないとね。

麺を野菜の下から引っ張り出し

お箸を持つのが下手なのはそっとしておいてください。。

 

 

頂きます!

 

 

 

んん

 

うんなかなか美味いじゃん!!!

 

麺は

平打ちの中太麺。
ちょい太で見た目いい感じなんだけど、日本のソレよりも加水率は高め。

きしめんっぽい感じの食感でした。

スープは

けっこう甘めの豚骨スープ。

背脂が溶けてかなりのこってり感。

そりゃこんなにしっかり背脂が乗っかってたら重くなります!
ですが塩分はかなり控えめで、醤油や化調のパンチはないですね。

 

 

塩分に関しては韓国人がちょうど食べやすい具合なのかな?という感じ。

 

そしてとにかく豪華な具材

シャキシャキを超え、ほぼ生のキャベツ

キャベツの下には大量のもやしが隠れていました(笑)

そして丼のサイドには

万能ネギ!

結構な量が入っていていいですね。
ネギ好きにはたまりません。。

そして

味玉!!

割ってみると

半熟!

やるじゃんか。
味はこちらも優しい味で甘みが強いもの。

普通に美味いです。

 

そして誰もが気になっている(だろう・・・)
チャーシュー

どデカイ炙りチャーシューが2枚!

バラタイプで、よく見るとナンコツが混ざっていました(爆)
新しすぎる・・・

一口食べてみると

 

うまーーー!

 

味玉とおんなじ”つゆ”に漬けたものでしょうね。
塩分控えめ、甘くて美味しいです。

歯ごたえもちょうどいい具合の跳ね返り。
お箸で切れる・・・かな?  位の柔らかさ。

 

全面しっかり炙ってあって香りも良いです!

 

そして何と店員さんが途中で紅生姜を持ってきてくれました。

 

 

実はakuma、ここに来る少し前にゴハンをしっかり食べてしまってかなり苦しかったんです。
ショウガどころかもはやニンニク、ゴマすら入れる余裕すらなくプレーンな状態で最後まで食べ進めていきました。

うう・・・

 

 

 

同行したS-SHITも同じラーメン二郎をオーダーしていて、ニンニク、ゴマ、ベニショウガを入れていたんですが、やはりというかニンニクとの相性はバッチリ

と言っていました。

 

そりゃそうだwww

 

お腹がかなり苦しかったんですが、気合いで食べ進め完食。
さすがにスープは無理でしたが。。

ってかこの丼、かなりヤヴァくないですか!?

 

濃いラーメン二郎

 

って書いてある(笑)
異国ならではですね。

ごちそうさまでした!

まとめ

 

旅のついで(実はメイン?)に韓国唯一の二郎インスパイア系ラーメン、その名も『濃いラーメン二郎』に行ってきました。

味の方は塩分が控えめなことを除けば結構なクオリティだったと思います。

ってかこれ韓国で受け入れられるの?

って思ったのですが、いやいやびっくりそれがかなり人気
我々が行った18:00頃でもテーブル席はすべて埋まり、カウンター席もほぼ満席でした。

ご飯時には外に行列ができるんだそうです。

 

すごいじゃん!

 

しかも女性のお一人様も結構いてびっくりしました。
とは言ってもみんな食べてたのはだいたい『オリジナル豚骨ラーメン』だったけどね。

店内はもちろんハングルだらけ

アツアツカップルがイチャイチャしながらラーメンを食べてました。
くそーーー。

 

 

店員さんのTシャツも

日本語!

確信犯ですね(笑)
韓国にも日本式ラーメンがもっと広がると面白そう。

濃いラーメン二郎の場所!!

濃いラーメン二郎(코이라멘지로

営業は月曜から日曜(毎日じゃんw) 11:00〜22:00
ラストオーダーが21:00まで。

(新)盆唐線 亭子(チョンジャ)駅5番出口から徒歩1分

明洞から結構時間がかかります。
ってかここ、ソウル特別市じゃなく城南市っていうお隣の市なんですって。
この辺は郊外のベッドタウンという感じで周辺は特に観光するところもないので、行ってみる際は気合いを入れて(笑)

味のご感想待ってます!

コメント

  1. Neatnet より:

    遠い所まで来て召し上がりましたよね。
    確かに人里離れていて、人気がないような店ですが
    ほとんど常に人が多い人気店ですよ。
    15分ほどの距離にある1号店「濃いらーめん」では、
    インスパイア系ラーメンを売っておらず、
    ここより待っている人がもっと多いので、
    ここに来てとんこつラーメンを食べる人が多いです。
    ポストを見ると、私も食べに行きたくなりました。

    • akuma より:

      コメントありがとうございます。

      そうなんですね。
      韓国で日本式ラーメンが人気なのには驚きました。
      インスタント麺や冷麺が人気だと思っていたので・・・(失礼)

      また韓国を訪れた際は1号店にも行ってみようと思います!

  2. にんにく入れますか より:

    ラーメン二郎韓国でググってたまたま見かけて読ませていただきました。
    僕は二郎(インスパイアを含む)が大好きな韓国人です。

    数年前までは東京で働きまして、週2~3回ぐらいは食べてました。
    旅行(って言っても関西が多いので大体インスパイア店ですが)でじゃないと
    食べられませんので偶然このお店を見かけまして、外勤先が亭子駅なので
    仕事の帰りに寄り、月2回ほど通っています。

    韓国には豚骨ラーメンが人気です。ガッツリ系のラーメンはあんまり通用しません。
    ラーメンは女性に人気なので量も少なめですし、得に油っこいなのは人気がありません。

    なのに油っこくて量の多いラーメンを出すなんて店主が結構冒険好きな方だと思います。

    実際お店に尋ねると二郎を頼む人はほぼありません。 今まで10何回行きましたが、
    僕以外で頼む人をみたのは4~5回だけです(笑)。

    • akuma より:

      はじめまして、コメントありがとうございます。

      以前東京にお住まいだったんですね!
      はじめて二郎(もしくはインスパイア系)を食べた時、味が濃すぎてびっくりしませんでしたか?
      でも何度か食べるとハマっちゃう不思議な中毒性ありますよね。

      確かに亭子のお店に行った時に”二郎”を頼んでいる方はいませんでした(笑)
      逆に日本のラーメン屋では珍しい女性のお一人様が多かったのでびっくりしました!

      やはり韓国ではあまり”ガッツリ系”は人気がないんですか・・・
      また韓国に行く際はラーメン屋を探して行ってみようと思っています。

  3. にんにく入れますか より:

    コメントありがとうございます。
    東京で働いてた時に社内の日本人の同僚に進められまして、近所の府中店に参りました。

    脂っこい食べ物はあんまり好んでないですが、中毒性にはまってしまいまして
    週2~3回通いました。 不思議なことに、おなかいっぱいになったあと「もう二度と食べたくない」と思うぐらい不愉快になるのが魅力ですねw。そうなってから1日~2日ぐらいたつとまた欲しくなりますからね~

     日本の料理店が多いところがホンデっていうところですけど、そこは若者の女性が多い町で、日本のラーメンが栄えたところもあそこでした。なので今も若い女性に人気だと思います。 

     また韓国に来られる機会がありましたら、「홍대(ホンデ)」の「博多文庫」というお店に
    ぜひたずねてみてください。日本の方が創業したお店で日本人も絶賛した豚骨屋です。

トップへ戻る