西池袋中本で杜氏味噌ラーメンを食べてきた!油膜が凄くてビビル。。。

メルマガを見ていたら、またまた見たことないメニューがあったので中本西池袋店に行ってきました。

何せ『杜氏味噌ラーメン(とうじみそらーめん)』という名前だけじゃ全く味の想像がつきませんでしたからね(笑)
まだまだ隠し球(限定)があるのね。。それではいざ池袋へ

蒙古タンメン中本西池袋店に到着!

という訳で蒙古タンメン中本西池店に着きました。

いつものように

中本らしい自信たっぷり(失礼)なノボリが

ドスン!

迎えてくれます。

お店に入ると

この日の目的『杜氏味噌ラーメン』がお目見え、丼の中の黒いのは

「イカスミ?」

と思いきや『マー油』。
そりゃそうですよね(笑)
フムフム、そして酒粕が大々的にフィーチャーされているのね。

こりゃどんな味なのか楽しみです。

 

早速食券を購入!

中本においてこの値段は安め。

せっかくなので総額1,000円以上にしてスタンプ2個にしようと思うとトッピングやら飯ものやらあと220円以上、選択の幅が広くなるので逆に悩みます。

券売機の前でちょいと固まってしまいました。

購入後は席に通され食券の確認とスタンプの捺印。

 

ポケ森をしながら待っていると

杜氏味噌ラーメンが着丼!

杜氏味噌ラーメン    ¥780
チャーシュー(1枚) ¥110
北極味玉        ¥120

LINEクーポンスラ玉

やってきました。
初対面!

ってか↑のモンタージュ(写真)と全然違うし。
これマー油入ってんの???

 

角度や光の加減でそう見えている訳じゃありません。

航空写真で見ても『マー油』は見当たらないでしょ!?

 

まぁいいや。

 

早速リフトし

いただきます!

うん、

 

うまーーい!

 

『酒粕が〜』とあったとおり、かなり効いてますね!
基本は中本らしい味噌味がしっかり、その上に酒粕の特徴の甘み、そして香りがのっかるスープです。

甘ぁ〜いスープ。
そこにマー油の・・・

とはいかず(泣)
だってほとんどかかってないんだもん。
ちなみに辛さはほとんどありません

かといって完全な非辛ではなく、味噌タンメンよりも辛くないかな?というくらい。

 

それにしてもびっくりしたのが、かつてないほどの油膜

チャーシューより分厚い(笑)、1cmくらいある油膜です。

これまでの自分の中本活動において見た中でも1~2を争う油の厚さです。

具材はかなりシャキシャキのモヤシ、ニラ、ひき肉そしてクッタクタの甘ーい玉ねぎが隠れています。
具によって火の通りがかなり違うところがポイントですね。
このあたりは計算されています!

 

 

ひき肉がスープにたくさん隠れていました。

しかし穴あきレンゲは付かないのですね。。

 

2種類の玉子!

白い方は完全な固ゆで、そして茶色い北極味玉は

トロトロの半熟&ほんのり醤油あじ!

この2つ「玉子」の名は付いていますがもはや別の食べ物です。

 

そしてこの日のチャーシュー

両面が割としっかり炙られたものでした。
大きさ、厚さは標準、味は薄めだったのでスープに浸し最後に食べました!
最近当たりチャーシューを引いてないかも・・・

 

とにかく油膜が厚くてスープが冷めません!

味はやさしいのですが、とにかく油が多すぎるんですよね・・・
なんだかモッタイナイ。。

 

麺がひと玉、量は多くないので難なく完食しました。

ゴチソウサマ!

まとめ

中本西池袋店で杜氏味噌ラーメンを食べてきました。

酒粕の独特の風味が味噌の甘みとマッチしていて”一見優しい”味噌ラーメンでした。

なぜ”一見優しい”?っていうのはやはり、とにかく油膜がすごいから。

 

 

この味にこんなに油分が必要かな?

 

ってくらい、ぶっちゃけアンバランスでしたね。

冬っぽく身体があったまる味なのですが

 

・・・・あれっ、なんかぬるぬる多くない?

 

って思っちゃったんです。
食べ終えた時、全体的な量はちょうど良かったのですが胃に”ズシッ”とした重さを感じてしまいました。

このラーメン、スープの油分とマー油の効きがうまいこと調整されれば絶対もっと美味いはず!
またいつか食べるときに期待です。

 

話は変わって。
今月はあともう一つ

冷し味噌冷麺を食べようと思っています。

この時期(冬、そして年末)に”あえて”夏っぽいメニューを味わってみようかなと。
もちろん未食なのでそういった意味でも楽しみです。

 

コメント

トップへ戻る