西池袋中本で辛味噌煮込みチャンポン!海鮮の風味と野菜の甘さがイイ

ずっと気になっていたメニュー、『辛味噌煮込みチャンポン』
中本の辛いチャンポンって寒い時期にピッタリで美味しそうだな!と思っていたんです。

ということでで蒙古タンメン中本西池袋店へ行って食べてきました。

スポンサーリンク

蒙古タンメン中本西池袋店に到着!

ちょうどお昼時とあってお店は混んでいました、外の階段まで行列。。

店内に入り、店員の指示するタイミングで食券を購入

券売機の右端にちっこい文字でかかれているのを発見。

購入し列に戻ると、食券の確認とスタンプカードの捺印。

野菜大盛りや、麺を硬くすることは不可能だそう。
(辛さは倍増可能!)

見た感じこの日は『辛味噌煮込みチャンポン』狙いが多いようで、すでに食べている先客多数でした。
期待が高まります!

間もなく先客が退店したので着席。

どうやら都度調理なので時間がかかるようで、

「少々お時間がかかります」

と言われました。
確かに後のお客の蒙古タンメンや冷やし味噌が先にきていました。

そして約10分後〜

辛味噌煮込みチャンポン着丼

辛味噌煮込みチャンポン  ¥880
プチ麻婆丼       ¥120

LINEクーポンスラ玉

やってきました。
先ず思ったのが

「味噌タンメンっぽくない!?」

ってこと。

スープの色合いや具の雰囲気からそんな感じしませんか?
ただ、こちらはナルトがのってることで”違う”とすぐにわかるんですけどね(笑)

よーく見るとイカが見えます。

やはりちゃんぽんですね(あたりまえか)。

上からのショット

ってかナルトがかなり沢山入ってます(笑)

それでは

頂きます。

うまーーー!

魚介の香りが広がるウマウマスープ

とんこつに味噌、そこに海鮮の風味がプラス。
まろやかなんですが、その中に生姜も効いていてあったまります。

ってかとんこつのチャンポンスープいいですね。

味がしっかり”ちゃんぽん”でピリ辛!
辛さ度は

蒙古タンメン>>コレ>>味噌タンメン

ってことで4くらいかな、と感じましたね。

具材はキャベツ、モヤシ、人参、キクラゲ、ニラ、ナルト、豚肉。

そこに”チャンポン”らしい

イカ、エビ、ホタテ、アサリの海鮮軍団。

ぶっちゃけどれもとても小さくて

「海鮮を食った!」

という感じにはなりませんが、絶対必要!
じゃなかったらほぼタンメンになっちゃいますからね(笑)

にしても全体的にはけっこう具だくさんです。
スープを吸ったクタクタ野菜はいろんな旨味が詰まっていてたまらなかったですね。

そんなに辛くないので途中箸が止まることもなく完食!

丼の底にアサリやエビが結構沈んでいたのでソレをプチ麻婆丼にのせて、〆のご飯。
残ったスープと合わせてスープカレーのように食べました。

これもまた良かったです!

まとめ

今回は中本西池袋店で『辛味噌煮込みチャンポン』を食べてきました。

期待通りの”中本”のピリ辛ちゃんぽんでした。
欲を言えば、海鮮にもう少し食べごたえがあれなばぁ、ということ。
エビやアサリなど”小さすぎ”てとりあえず入れた感が・・・ね。

ただこのスープは独特でコクがありとても美味しいです。
¥1,000にするのに(スタンプ2個のため)プチ麻婆丼をプラスしましたが、半ライスでもよかったかも。

麻婆なしでもっとダイレクトにスープの旨味を楽めたかな〜と。

あ、あと新しく登場したAB醬(エビ醬)も合いそうな気がしますね。

いつかこの非辛バージョン、塩スープの『煮込みちゃんぽん』もたべてみたいな。

ってなかんじでもう食べたことがない限定メニューはもないかな?
と思ってもまだまだ出てきますね(笑)

今月はコレくらい。
次は北極の冬かな!?