大つけ麺博で眞久中(まくなか)のラーメン全部のせを食べてきた!

この時を狙っていました、大つけ麺博、第五陣。

二郎インスパイアの中でもとりわけ麺が凶暴で有名な眞久中(まくなか)の出店ということでここまで待っていました。

スポンサーリンク

大つけ麺博会場に到着

11/1までということでそろそろ終わりなんですね。

早速中へ

つけ麺博って言ってる割に半分以上がラーメンという・・・
もう意味不明です。

100円の「ガチャめん」をしました。

当たれば5000円分の食事チケットなどもらえるのですが、見事一番ハズレの100円トッピング券。
損はしてないからいいんです(強がり)

そのまま進み

眞久中ブースへ到着

ちょい並びですね笑

進んでいくといろんなトッピングが!

そして

はじめにメニューの確認があります。

ここまできたら全部のせでしょ!

ところが

「全部のせの野菜マシがないんですよ」

は?

「その代わり全部のせ代金から野菜マシ代金50円を引いて提供させて頂きます!」

とのこと。
ないものは仕方ないですもんね。

でも初日のお昼過ぎに野菜がないって・・・

ラーメンはチケット及び電子マネー購入ができますが、トッピングは現金のとのこと。
さっきのトッピングチケットも使って『全部のせ』に。

そしてやってきました

ラーメン全部のせ着丼

ラーメン ¥500
全部のせ ¥450

全部のせは別皿提供なんですね(張り紙にもちゃんと書いてあったし)。
せっかくなので撮影用ブースで撮ってみました(笑)

ここにきて気づいたんですが、トッピングコールがなかったんですよね。

『ニンニク』はないし(食べるラー油にフライドガーリックが入っているんですけどね)、逆に初めから野菜の上には『アブラ』がのかっているという・・・

そして全部のせのカップ

にらキムチ、食べるラー油、豚、そして隠れていますが味玉が入っていました。

そこからテーブルに移ってと。

麺にトッピングを全てのせて

豪華ですね!

それでは麺をリフトし

頂きます!

美味しいですね。

ですがなんだか麺が随分食べやすいような。
以前店舗で食べた時の麺がこちら↓

全然違いますよね。

太さもちぢれもなくなり、”ちょっと太めの麺のラーメン”になっていました。
すごく残念です。

このイベントに合わせ、食べやすく仕上げたのかもしれませんが・・・

イベントHPには

トロトロで旨味たっぷりの豚骨醤油スープに甘辛い脂の二重奏。ウドンと見間違えるほどの凶暴極太麺。妙な中毒性と極太麺の噛み過ぎから来るアゴの疲れも楽しんでください。

ってあったんですけどね。
これでは顎は疲れません!!!

スープはスタンダードな豚骨と醤油のハーモニー。
豚骨のパンチは控えめですがなかなかしょっぱくていい。

そこにニラキムチと食べるラー油の風味が加わりジャンク感がかなり高めの味です!!!

野菜は100%もやし、茹で加減は普通でした。

そして豚!

デフォルトで2枚、豚増しで+3枚の計5枚!

巻きバラタイプの大きめのものと端の部分が混在していました。

これはクオリティが高いです。
ホロホロで味もちょうどよく美味い!!!

しかも大きくて食べ応え十分。
いいやつでしたね!

味付け卵は

”ほぼ”完熟タイプ(笑)
普通の味玉です!

この一杯、500円ということもあり麺量がとても少ないので、苦しくなることもなくあっという間に完食しちゃいました。

まとめ

今回は大つけ麺博での眞久中のラーメンを楽しんできました。

なんだかんだ言いながらちゃんと美味かったんです!
豚なんてかなりレベルが高かったですからね。

ただ、眞久中の一番の特徴である麺があれじゃあ意味がないんですよね。

もっと尖っていてほしいなと。。。

眞久中ブースの前でティッシュを配っていたのですが

中の紙で『気まぐれトッピングサービス』だそう。
どんなトッピングかな?
ホイホイつられてお店まで行っちゃいそうです。

そうそう、

宅麺ドットコムイベントページではこの大つけ麺博に出店しているラーメンがお取り寄せできます。
もちろん眞久中のラーメンもお取り寄せ可能。

そして東京ラーメンショー2017が始まったんですよね。
興味があるお店といえば第二幕の『夢を語れ』ですかね。

店舗と同じものなら別に・・・
今後、特別メニューなどの発表があったら行こうかな!と。