豚星。で冷やし中華を断念・・・でも汁なしがマヨネーズたっぷりで凶暴な美味さだった!

今回は川崎は元住吉にある二郎インスパイアの人気&有名店『豚星。』に行ってきました。
前からSNS及びネットでの評判がとても良くっていつか行こうと狙っていたんですがやっっと念願の訪店!
お盆休みや臨休が怖いのでしっかりスケジュールをTwitterで確認して家を出ましたよ。
果たしてその味はどうだったのか!?
それでは早速。。

スポンサーリンク

豚星。到着!!

トコトコ歩いて行くと店の辺り、ここかな??

何かのお店っぽいけど看板は出てないし、人もいないし・・・

と思ったのですが

やはりここのようですね。
”ぱっと見”ラーメン屋とわかりづらい外観、GoogleMapを頼りに行ったので到着をちゃんと教えてもらいましたが、それがなかったら通り過ぎてたかも。。

お店に入って左手すぐにかかってあるのが

これこれ!!
コレ表に出してくれれば分かりやすいのに・・・と思ったのですが(笑)

そしてその反対側、入って右側に食券の券売機がありました。

この日は

限定 オープン~売り切れ→「冷やし中華」「冷やし中華B」「癒し中華」
売り切れ~ラスト→「禁断の果実」「果辣麺」

とTwitterにあったので夏だしやっぱり「冷やし中華」を食べようかな!?

と思っていたのですが、食券の買い方が良くわからなかったので諦め、ふつーに汁なしを食べることに。
(後からわかったのですが券売機下の限定を買わなきゃなんですね)

ってか欲張って色々買いすぎたかな?

店内は券売機のところまで背後霊が伸びていました!

そのまま列に接続し待ちます。
てか長っがいカウンターですね、すげー!

途中でもっちり可愛いお姉さんによる食券の確認があり(麺少なめやカタめはこの時に伝える!)、それからしばらくし着席。

小ラーメン豚入り+汁なし着丼!

やってきました。

ひゃー!

小ラーメン豚入り   ¥850
汁無し蕎麦      ¥80
チーズ        ¥100
ショウガ       ¥50

麺が出てくる直前に聞かれるトッピングコールはニンニク、辛味、マヨネーズ!

計¥1080分、ビシッとデブスタイルでイキます(笑)

いやー、しかしほんと神がかった美味そーーうなビジュアル、豚がキラキラ輝いていました。
それでは別角度から

ドンブリ9時にニンニク、6時にショウガ、3時にフライドガーリック。
カツオブシも入っています。

辛味とはこれですね。

麺の上にとろけるチーズ、その上にヤサイ、卵黄。そして全体にマヨぶっかけ!

ものすごくジャンクな仕上がりです(笑)

そして航空写真を!

かなりジャンクなフジヤマ。
マヨネーズがもはや山に降った雪に見えるという末期症状・・・。

もう我慢できません。

頂きます。

ん。

美味ーーーー!

非乳化醤油汁のシャープな刺激。

そしてピリッと効いたブラックペッパーの風味が特徴的です。

それにしてもなかなかしょっぱいですね(笑)

ってか汁なしなんですが

結構な汁量(笑)

ですがそこに色んなトッピングが入って混ざり合う事で味が複雑になっていい塩梅に。

麺はというとみっちり小麦が詰まった麺。
いい意味でインスパイアっぽくない直系のお店でありそうな自家製麺!
完成度が高いですね。

そして豚は

すごく大きい!という感じではありませんが、”ちょうどいい感じ”の赤身と脂の地層よろしくバラ豚が4枚。
ってか4枚なのね。。

ブリブリな食感で味はそんなに濃くなくて、汁に浸してちょうどいい具合。
これもとてもクオリティが高いですね。

食べて思ったのが食感が野猿(二郎ね)の豚に少し似てるかな!?と。

と思ったら、メガネの店主さんは野猿街道店や小金井街道店などで修行していたのだそう。
しっかりそのDNAは受け継がれていますね。

ヤサイはクタめで少ないです。
この汁なしはトッピングコールではマシができず、後からオカワリ方式という珍しいスタイル。

そんなヤサイと麺に挟まれているチーズが時間とともにいい感じにとろけてきてチーズ好きにはたまらない味わい。

ですがここまで色々やる(入れる)となかなか”重さ”があるというのも事実なんですよね。
そんな時は卓上の昆布酢果実酢ブラックペッパーで味を好みにカスタマイズするのがおすすめ。

というわけで少し昆布酢を入れました。

通り抜ける酸味で塩分に少しやられてた舌が元気になり、再びもりもり食られるように。

そして謎の辛味!

この辛味、生唐辛子を刻んだものかな?
ですが、そんなに辛くなかったですね。ぶっちゃけマシマシでもよかったかも!

ラストスパートを華麗にキメて

もちろん完食!

全体的な量は”まぁまぁ多め”くらいかな!?
ってくらいでした。
時期やロットにもよるそうなのでご参考までに!

まとめ

初めての豚星でしたが、店名に偽りナシな豚の美味さに圧巻でしたね。
正直ヘタな直系を凌駕するクオリティです。

『じゃ、直系でいいじゃんか?』

と思うなかれ、オリジナルのメニューも色々あってまた行きたくなりました!

”つけ”や”辛いの”、”台湾混蕎麦”なんかもあって引きがハンパないです。

余談

ってかとうとう京都行くんですよ。
京都店を訪れることができるチャンスは1日のみ、その日は悪魔の臨休がやってこないことを祈るだけ。

ってかもし食べられなかったら大阪まで行ってヤケクソで大人の遊びをしまくって帰ろうかと。

あとは『豚』と『九条ネギ』がなくなっていなければいいなと。
しばらくそれを楽しみに生きることにします〜(笑)