東十条の麺処ほん田で小ラーメン・ちょい豚増し、辛いネギ、味付きアブラで食べてきた!

今回は東十条に初降臨、目的は「麺処ほん田」。

もともと淡麗系ラーメンの人気店のこちら。

秋葉原への移転に伴い閉店後の特別営業で出されていた二郎系ラーメンだったのですが、”麺処ほん田”が秋葉原で正式リニューアルした後も東十条の店舗は「二郎系ラーメン店」として継続されています。

そのラーメンが旨いって騒がれているもんだから食べたくなってつい行ってしまいました。

今回はそんな東十条「麺処ほん田」で食べてきたラーメンの様子や味の感想をレポートしていきたいと思います!

東十条の麺処ほん田に到着!

東十条の南口を出て五分ほど、道をはさんでお隣には保健所があるお店に到着

ソーシャルディスタンスを保ちながら並んでます。

こちらははじめに食券を買ってから並ぶのがルール、まず店内に入り、

食券を購入します。

ミニらーめん 150g ¥850
小らーめん  250g ¥900
大らーめん  400g ¥1050

各サイズの麺量と値段はこのようになっています!

そして有料トッピングは

辛ネギ    ¥100
チョイ豚まし ¥200
生卵     ¥50※
ブタカス入味付きアブラ ¥50※

※同じ食券なので渡す際にどちらか申告

あと恵比寿ビール¥350・チューハイ¥250・ウーロン茶¥200がありました。
(お酒はもやしと端豚のおつまみ付き!!)

買ったら外に出て列の後ろに接続、ちょうどその辺りで店員さんがやってきて食券の確認が入ります。

〜ここからしばらく待ち〜

店内は完全入れ替え制、10席のカウンターを5杯ずつ2ロットで廻していました。

店員さんに呼び込まれ指定された席に着席、またまたチョイ待ちタイム。

卓上には

ショウユ、ブラックペッパー、トウガラシ、そして爪楊枝が配置、さらにティッシュもあったのが嬉しい!

トッピングコールのルールは

こんな感じ。

ニンニクやアブラにはチョイマシが無いんですね。店員さんに

ニンニクは?

と聞かれたらこのフォーマットにのっとってコールしましょう!

先に

辛ネギとブタカス入味付きアブラがやってきました。

そして食券を買ってから20分ほどでトッピングコールが入り

東十条の麺処ほん田の小ラーメンが着丼

小ラーメン  ¥900
辛ネギ    ¥100
チョイ豚まし ¥200
ブタカス入味付きアブラ ¥50

トッピングコール→ヤサイチョイマシ、ニンニク・アブラマシ

めっちゃ美しい盛りで美味そう、ブタの威圧感がめちゃすごいです!

あぁ、この肉でぶん殴られたい。。

 

それでは具材の隙間から麺を引っ張り上げ、

いただきます!

 

んん

 

うまーーーー−!

これすげぇZo。

東十条・麺処ほん田の小ラーメンの麺とスープ

麺は

断面が長方形の太ちぢれタイプ。

程よい茹で加減でプリパツ以上、ワシワシ未満といった感じの食べ心地。

個人的にはもっと固茹で麺が好きだけど、一般的には普通にちょうどいい茹で加減なんだと思います。

そんな麺に合わせたスープが

豚骨濃いめの乳化タイプ、豚骨とろ~り美味しいんだけどさらに魚介っぽい香りもするもので独特です。

旨味が重なった美味しいスープです!

荒々しい感じではなくどこか上品さを感じる味わいですね。

東十条・麺処ほん田の小ラーメンの具材

クタでもシャキというほどでもないいい塩梅の茹で加減でキャベツは少なめのヤサイ、その上には細かめのほんのり味付きアブラが鎮座。

2つをこのまま一緒に食べると旨っ!

うますぎて溶けちゃいそう・・・

ヤサイは”チョイマシ”にしたんだけど、自分には量的にはこれくらいで丁度いい感じでした。

そんでもってブタ

暑さ1cmほど、美しい断面の@三枚肉が2キレ。

プリプリジューシーで肉汁が滴ってキラキラなやつ、しかし悪くいうと脂っぽいから好き嫌い分かれそうなところですね。

食べると反発力を感じる歯ごたえ、決して”硬い”訳じゃなくってブリッブリなんです。

味がちょっと薄めなのでスープに通して食べました。

 

そして

おそらくウデであろう塊が2キレ。

こっちは肉感たっぷりで身の旨味が味わえるもの。

見た目は地味だけど、人によってはこっちのブタ方が好き!って人が多そう。

ただ、冷えて固くなってたのがちょっと残念でしたね・・・。

スープに通すとスープが冷えちゃうし。

しかし”チョイ豚まし”ってのはどういうことなんだろ・・・デフォでそれぞれ1枚ずつ、チョイ豚ましで2倍量になってるってことかな?

 

途中からは別皿で来た

辛ネギをのせて。

うん、これはそのまんま辛いネギ(笑)スッキリピリッとうんまーーー!

半分ほど食べたら

ブタカス入味付きアブラに麺を入れ、つけスタイルで。

コレもたまらん・・・。

あー、生卵も買えばよかったと激しく後悔、このアブラに合わせたら間違いないです。。

 

小の麺量は250gってことでサクサク食べて難なく完食。

ごちそうさまでした!

東十条の麺処ほん田で小ラーメンのまとめと感想

丁寧に作られているちょっぴり上品で美味しいスープが特徴の旨ラーメンでした。

ものごっついパンチという感じではなく、アウトボクサーのような”テクニック”で上手に各パーツを合わせこんだ緻密な作り。

とてもレベルの高い二郎系インスパイアラーメンだと思います。

私akumaはこういうまとまりのいいヤツ(失礼)をチーズやキムチ、ショウガやマヨネーズでぐっちゃぐちゃに混ぜこぜ究極ジャンクにして食べたくなるんですが、そんなトッピングはおそらくやらないだろうなぁ・・・。

ミニは麺量が150gなので女性にもおすすめ、ここから彼女を二郎教育を始めるのにもいいと思います(爆)

実際カップルで来ている2人♡もちょこちょこいましたし。

ってかホント美味しいのでおすすめっ!

麺処ほん田
所在地:〒114-0001 東京都北区東十条1丁目22−6開店時間
水〜日 11:30〜15:00・18:00〜20:00
月曜  11:30〜15:00

定休:火曜日

お家で人気インスパイア店のラーメンが食べられる!

こんな時期でお店にも行けないし、そもそも休業しているお店も多いし・・・

しかし二郎インスパイア系の名店のラーメンをいつでも自宅で食べられる方法があります
それが『宅麺.COM』のラーメンお届けサービス!

【おすすめポイント】

  • 『富士丸』や『夢を語れ』などの人気店のラーメンを並ばずに食べられる
  • お店で出しているスープや麺、具材をそのままパッケージしている
  • お店では出来なかったアレンジも可能
  • 男子でも茹でる&温めるだけで簡単につくれる!

↓宅麺のラーメンを家で作って食べました!

(↗ 埼玉の人気店『麺屋桐龍』のラーメンを自宅で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました