泣いて赤鬼を蒙古タンメン中本高田馬場店で!まろやかポタ感の一杯だった

久々の中本×〇〇コラボラーメン!
そしてこれまた発売3日前っていう割と直前の発表(笑)

そのメニューの名前は『泣いて赤鬼』!

限定数があるわけじゃないし、提供は~6月21日(金)まで、平日限定・多店舗展開なので特別焦ることもないんだけど、新しいのはやっぱり早く食べたい!

ってことでさっそく中本馬場店に行ってきました。

その時の様子や感想をレポートしていきます。

蒙古タンメン中本高田馬場店に到着

ドン・キホーテの脇のエスカレーターを降りてお店の方へ向かうとやはり行列。
提供開始初日だからかな?

店内は満席。

中本高田馬場店の前には

  • 行列がある際の並び方
  • 基本メニューの解説
  • はじめての方への提案

と多メニューでローカルルールが”ちょこちょこ”ある中本はそのとっつきにくさを解消するべくわかり易い案内を掲示しています。

 

混んでいて店内はいっぱいなのでまずお店の外の椅子に腰掛けて待ち。。
あとは店員さんのオペに従って進んでいくだけ。

 

先客が退店したら店内に呼び込まれます。
まず券売機で

食券を購入・・・
と思ったらなかなか見つからない(汗)

ぐるぐる見回したら”瓶ビールセット”と”弁当(並)”に挟まれていました。

だいぶ券売機内が混雑・渋滞している模様です!

 

食券を購入したら店内列へ接続。
そこで食券の確認が入ります、同時にスタンプも押してもらってと。。

進んでいき、空いた席へ。

今回は中本好き男・SG氏と2人で訪店。
彼は毎度ビールをオーダーするのですが、店員さんがグラスを2つ出してくれました。

そんなグラスに・・・思い出。
昔一瞬付き合っていた彼女とですれ違ったような感覚(意味不明)

 

私は事情があって飲めなかったので思い出鑑賞だけしておきました。

SG氏と近況を報告し合いながら麺を待っていると・・・

泣いて赤鬼 着丼

泣いて赤鬼  ¥800
チャーシュー ¥210

LINEクーポンゆで玉子

やってきました。

 

まず思ったのが

「小さめの丼だ!」

ということ。
基本ののラーメンメニューに使われる丼より一回り小さいやつ。

んまいいや、さっそく丼のサイドから麺を引き上げて

いただきます。

 

 

んん

 

うまーーー!

 

うん、旨いっ。

中本らしい味噌風味にチーズのまろやかさ、うっすら感じるトマトの風味。

そこに優しい辛さがのっかり”ちょうどいい”具合に食べやすい味!

体感的に辛さ度は4〜5くらいかな?

スープの表面はチーズと乾燥バジルに覆われていました!
この緑、はじめパセリかと思ったら乾燥バジルなんだって。。

けっこうな量が乗っかっていたはずなんだけど香りがほぼ感じられなかったのは残念(汗)

丼のサイドには

大きめヤングコーンが3本。
これがほんのり甘みを感じるやつ、歯ごたえはこの一杯の中で唯一の”シャキシャキ”ってことで実はキー食材だったりします。

いい感じに箸休めになる!

 

そして丼中央には

シャーベットよろしくマッシュポテト!

このまんまでは味気ないです。
なのでレンゲで崩してスープに通して食べたり、麺と一緒に食べたり、スープに溶かしちゃったりして楽しみます。

 

そんなマッシュポテトを溶かしたスープは

結構などろどろ。

ここにチーズが溶けているからイタリアンっぽいはずなんだけど、中本らしい味噌味が後ろでどっしり構えています。

麺完食後にひき肉たっぷりなスープが結構残っちゃうので半ライスもあるといいかもね。

 

そしてこの日のチャーシューは

薄くて小さいハム系のもの。
程よい焼きで香りは良かったし、柔らかくて味も良かったんだけど食べごたえ的にちょっと物足りなかったかな?と。

 

全体的な量は多くなかったのでさくっと完食。
調子に乗って具材たっぷりなスープも完飲しちゃいました(汗)

ごちそうさまでした!

泣いて赤鬼のまとめと感想

今回は蒙古タンメン中本高田馬場店で映画『泣くな赤鬼』とのコラボ限定メニュー『泣いて赤鬼』を食べてきました。

まろやかポタージュ感で優しくとても食べやすい一杯。

コアな中本ファンにはもちろん、映画のファンで中本をはじめて食べる方にもピッタリの一杯だと思います。

辛さと酸味の再会ってあるけど、酸味は結構控えめでしたね。。
もっと効いてても良かったかも!

泣いて赤鬼の詳細

泣いて赤鬼のトッピングは野球の映画という設定に合わせ

トッピングには野球の設定を活かして、バットをイメージしたヤングコーン、ボールをイメージしたマッシュポテト、

芝生をイメージしたバジル、グラウンドをイメージした粉チーズ

だそうです。そう聞くとオモシロイ!

 

そして販売店舗が

本店・西池袋・新宿・目黒・吉祥寺・御徒町・渋谷・大宮・高田馬場・品川・町田・東池袋・川崎・船橋・横浜・秋津・草加・立川・柏

ってことで、錦糸町と川越と橋本以外ってことね。

ちなみに辛さUP、野菜大盛り、麺大盛りすべて不可なんですって。

店舗によってそれ以外の通常限定もあるからね!!!

そして『泣くな赤鬼』Twitter(@nakunaakaoni)をフォローして、この「泣いて赤鬼」を”#泣くな赤鬼”と”#蒙古タンメン中本”のハッシュタグをつけ画像投稿すると、

抽選で『泣くな赤鬼』の映画鑑賞券や中本オリジナルタオルが当たるんだって。

 

タオル興味あるかも(笑)

SG氏の意外な胸キュン行為

同行したSG氏は

冷しトマ豚 辛さ3倍、野菜大盛り

というオーダー!
限定の誘惑に惑わされず、己の衝動に素直に従う姿勢。

普通に食べるかと思いきや彼は意外な行動に・・・

つけ汁を麺丼にどぼん。

逆転の発想というかなんというか・・・。

思いつきそうだけど今まで見たことがない、いい意味で”アタおか”な彼。

こうした理由を聞くと

「いちいちつけるの面倒くさいから」

とTHE漢!!!

 

でも理にかなっていますね。
もちろん最高に美味かったそうです。

akumaが→冷しトマ豚を食べた時の様子

ってかこのトマ豚、”トマト×ひき肉×味噌”って今回の『泣いて赤鬼』とちょっと近くないですか?

食べたくなってきた。。

コメント

トップへ戻る