中本船橋店の『紅と豚』は中華風角煮がのっかった楽しい一杯だった!

中本船橋店の限定メニューはまるで”テロ”のような突然のスタートが多いんですよね。
またも突然発表された『紅と豚』、流石に時間や数量の限定はなかったものの突然過ぎて・・・

ってイイながら食べに行ってきたんですけどね。
という訳で紅と豚の内容や味の感想、船橋店訪店の様子などをレポートしていきます。

蒙古タンメン中本船橋店に到着

いやー、たまたま『限定メニューカレンダー』見てたら見たことがないメニューが登場していてビビりました。
仕事をさくさくやっつけていざ千葉へ!

数度の乗り換えを経て京成線『船橋競馬場』駅へ到着。
そこから南へ歩いて10分弱、お店に辿り着きました。

正確なお店の場所はこちらのページで確認!

夕食時間の少し前に着いたのでお店は混んでいない模様。
今回の『紅と豚』に限定数は無いので”おそらく”大丈夫(売り切れじゃない)なはず。

 

早速お店に入り右手にある券売機で

文字が見にくくって発見が遅れてしまいました(汗)

んぐーーー。。
紅の”ってことでこの文字色なんでしょうけど・・・。

店内は空席が半分ほど。
食券を買うと

お好きな席へどうぞー!

とお声を頂いたので適当にカウンターへ。
座ったところで食券の確認とスタンプの捺印をしてもらいました。

それから待つこと数分

紅と豚 着丼

中本船橋店の『紅と豚』1

紅と豚     ¥930
チャーシュー  ¥110
野菜大盛り   ¥60

LINEクーポンゆで卵。

これはまろやかな味がしそうな色のスープ、期待が高まります!

赤く染まった天国スープからさっそく麺をひっぱり上げて

いただきます。

 

 

 

んん

 

うまーーーー!

 

うん、いい感じにコク旨(笑)
辛さ度は8ってことで辛さと味噌スープのコクをいいバランスで感じられるウマーなスープ。
味噌卵麺のスープがベースなのだそうですが、それだけじゃない具材の旨味も溶け独特な風味に仕上がっています

『紅と』という名前からスープにガッツリ”豚骨”が使われているのかな?
と思っていたのですが、そうではないみたい

 

麺の茹で加減は特に指定しなかったんだけど

ほんの少し固めで微妙〜に芯が残る感じ、これが麺の旨さを感じられてよかったんですよね。。
今度からは”麺硬め”でお願いしよっかなと思いました。

 

この『紅と豚』の具材は

もやし。

どうでも良い話ですが、中本のもやしは煮込まれたor炒められたものの方が好きな私akuma。
北極ラーメンやつけ麺などにのっている茹でただけのものは独特な香りがなんだか気になる時があるんですよね。。

ただの”茹で”じゃなくてよかった。。

そしてメンマ

なんてことのない”普通の”メンマです。

完全にピンぼけの(爆)

味玉!

ちなみにこちらは完熟タイプでした!

辛くないもので、中までしーっかり味が入っていました!
そのままでも美味しいけど、スープに通すとより旨い。

そしてこのラーメンの大きな特徴

角煮!

これの面白いところが、よくある”ふわふわな”やつじゃないってトコ。
歯ごたえがしっかりで複雑な風味。

簡単に言うとちゃーんとした”中華料理”の『角煮』のような味付け
独特な甘い香りは八角っぽい。

自分は好きだけど、これは好みが分かれるかも。。

そこにマスタードではなくカラシがちょこんとのっかっていました。
これはお肉に直接じゃなく、丼の端っこか別皿にしてほしかったなぁ(汗)

癖のある薬味なのでちょっと・・・って人もいそうかな?と。

 

丼の中心には

ホウレンソウとその上にゆず片。

レン草のシャキシャキすっきりな食感とゆずの爽やかな香りはいいアクセント。

 

そういえば中華の角煮ってよく一皿にホウレンソウ(もしくは青梗菜・小松菜)や味玉も一緒になってるもんね。。

って勝手に納得しながらするする食べていきます。

 

そんでもってクーポンで付けたゆで卵。
味噌卵麺のスープがベースの紅と豚。
ゆで卵が合わない訳ながないでしょ!?

本日のチャーシュー

この日のチャーシューは

片面焼きで、噛むと跳ね返りが強く硬めの食感のものでした。
大きさは標準で、厚さはけっこう薄め(汗)

さらに脂身の分が多くって無味・・・。
これは完全にハズレでした、残念。

 

量的には麺1玉ってことで量的にぜんぜん余裕でお腹にIN。
さくっと食べきり完食です。

 

ごちそうさまでした。

感想とまとめ

今回は中本船橋店で限定メニューの『紅と豚』を食べてきました。

味噌卵麺をベースに中華角煮を付け合せごとのっけちゃったような一杯
それがきちんと中本らしい新たなラーメンになっているもんだから食べていてとても楽しめました。

もとのスープに角煮がいい感じにマッチしていて新感覚です。

もちろん味は申し分なく美味しかったです!

って考えると、間違いなくライスとも合いそうですね。

具を丸ごと移動で角煮丼ができちゃう。
他トッピングはお好みで(笑)海苔やネギなんか合うんじゃないかな!?

その他にも色んな食べ方ができそう。

 

そういや野菜大盛りにしたのですが、ほとんど変化がなかったような・・・。
↑の写真を見た感じホウレンソウは増えていなくって、もやしがちょい増えてたのかな?
という感じ。
これなら次食べる時は野菜大盛りにしなくてもいいかな・・・。

 

写真を見ての通りこちら

麺は特大まで可能、野菜大盛りはもやしが増量、辛さUPは10倍まで

だそうです。
デフォで辛さ度は8”カラシなし”もはじめに言えば付けないでくれるそうですよ。

 

余談

余談ですが、隣の学生さんが

「学生なんで烏龍茶いーですか?」

と言って烏龍茶を付けてたんですよね。
船橋でも

学生サービスがあるんですね。。

ってかお店の外に貼ってあったコラ写真が・・・何ともイカしてる(笑)

 

ってな感じでまだまだ続く寒い季節を乗り切るべく、もりもりと辛いの&多いの(最近は少めだけど)を食べていこうと思います。

ではでは~。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました