千葉のブーブー太郎のラーメンがマジヤバっ!てか”あれ”って何?

千葉のインスパイア一番店との評判のブーブー太郎

名前は知っていたもののなかなか行く機会が作れず(汗)
しかしこの度ちょうど用事ができ、およそ20年ぶりに千葉駅に舞い降り訪店することができました。

今回はそんなブーブー太郎へ行ってきた時の様子や感想、駐車場情報をレポート、気になる”あれ”も調査していきます!

Sponsored Link

BooBoo太郎へ到着

BooBoo太郎へは京成線『千葉中央駅』、千葉モノレール、『葭川公園(よしかわこうえん)』か『県庁前』が近いかと思います。

しかし今回は千葉の街を歩きたかったので千葉駅から徒歩でお店に向かいました。
およそ15分程で

到着。
大決めの通り沿いですが周りは商店などそんなになかったので途中不安になりました。

営業時間

11:00〰14:00
17:30〰21:30

定休
水曜日と日曜夜の部

 

だって。

ちょうど店内におさまるくらいの並び列。
外のベンチまでは伸びていなかったのでまだよかったかな・・・と。

進んでいきお店に入ってすぐのところにある券売機で

食券を購入。
ニラキムチやネギがないっっっっ。
そして”豚入り”もないなんて・・・(泣)

気を取り直して待ちます。

広めの店内ですが、テーブルなどはナシ、真っ直ぐなカウンター11席。

そのかわり店内待ちが椅子4席+出入り口までで8人前後と結構多い。

待ち椅子辺りにまで進むと食券(麺量)の確認があります。
ここで少なめやカタメなども伝えます。

順に進んでいき、先客が退店したら空いた席に着席します。
その際券売機近くのお水も忘れずに(きちんと冷たい水でした、良き)!

 

席についたらカウンター高台に食券をのせ待ちます。
高台にはレンゲもあります!

卓上には一味トウガラシとホワイトペッパー。
そして

トッピングの説明が貼られてありました。わかりやすく書かれてありますね。

お店によってこの『マシ』の概念が違う事があったりして悩む場合がありますが、こんな感じで書いてあると安心です。

なーんて待っていると

なまたまごの先制。
そしてトッピングコールが入り

ラーメン着丼

 

ラーメン  ¥740
粉チーズ  ¥100
なまたまご ¥50

トッピングコール→ニンニク・アブラ

 

わぁ、見た目でわかるこのヤバさ。
一寸のスキもない絶対美味いやつじゃんか。。。

さっそくリフトし

いただきます。

 

 

んん

 

うまーーーーー!

 

倒れそうになりました。
もちろんウマすぎて。

麺の感じ、量は?

平打ち縮れ麺。
そういや何かに似てるような・・・???

と思ったら同じ千葉の”ちばから”の麺にタイプが少し近いかも。

あちらより幅は狭いし、縮れ具合は落ち着いていますが”千葉”ではこういう麺が流行っているのかな?

茹で加減はちょうどいい感じ。
小麦の香りは控えめですが食感とスープの絡み具合がちょうどよく、クオリティが高いです。

麺量は300gくらいかな?

 

スープは?

しっかり乳化した黄金スープ。
ちょっぴりアブラが見えるのは『アブラマシ』したからね。

このスープがたまらん!

豚骨が濃い目でギュッと詰まっった豚味。
塩分もちょうどよく、akumaが今まで食べたインスパイア系ラーメンの乳化スープでは1,2を争うクオリティ。
ヘタな直系店のよりゼンゼンヤバいです。

 

ヤサイは?

キャベツたっぷりタイプ。
モヤシと半々くらい?
茹で加減はこれまたちょうどいいバランス型。
量もデフォルトで程よい感じ。

このヤサイを

プルップルでうまーなカタマリアブラと

粉チーズで食べる贅沢。

ここらはもう無心で啜っていました。
しかしハッと気づいたんです。

「アレをやらなきゃ・・・」

そう

すき焼き食い!

うんまい。

ブタは?

そして今回とても感動したのが

ブタ!!!

厚さ2cmほど、巻きバラタイプのものです。
大きさもまずまず。
何よりもこのグラビアから見た目にもわかるホロホロ加減はもはや暴力。

歯ごたえ、豚の旨味、味の入り具合と文句のつけようがない最高のやつでした。

唯一残念だったのは、小ブタにできなかったこと。
調査段階から豚の評判がすこぶるよく絶対『ブタ入り』にしようと思っていたのですが、売り切れ・・・(泣)

悔しさしかありません。

 

 

麺を完食し、調子に乗ってKKしちゃいそうでしたがカラダを想いスープを飲み切るのをグッと我慢。

 

ごちそうさまです。

感想とまとめ

今回は千葉の人気インスパイア店、BooBoo太郎に行ってきました。

ぶっちゃけ行く前はナメてました、ゴメンナサイ。
こんなにクオリティが高いなんて思っていませんでしたね。

何がいい?ってもう全部。

乳化系が好きなら食べるべきです。好きじゃなくってもね。
これ嫌いな人はこっち系がダメなんだと諦めるしかないです。。ってくらい。

 

ちなみに店主はラーメン二郎関内店の出身なんだそうですよ。
なるほどね。

それならやっぱり汁なし食べなきゃね。
評判もすごくいいみたいだから次は絶対に食べようと思っています!

”あれ”ってどんな?

お店について色々調べていると”あれ”っていうワードが出てきたんですよね。
もしかして限定とかかな?と思い、調べてみると


トマト!?
その他にも


カレー!!

などコール時に入れてもらえるようですね。
不定期開催の期間限定トッピングなのだそうで提供はブーブー太郎のツイッターで告知されるんですってよ。

駐車場情報

郊外型のお店ってことで車で行く方も多いかと思いますがブーブー太郎付近には駐車場がたくさんあります。

超近い千葉県庁立体駐車場は駐車場可能時間が1時間のため利用は控えた方がいいでしょう。

それ以外にお店に近いリパーク千葉中央4丁目第5は12台駐車可能、タイムズ千葉県庁前が7台、タイムズ千葉中央第6が7台駐車可能。
この3箇所からならお店にもカンタンに行けますよ。

そんでもって自転車やバイクはお隣の郵便局に停めてはダメ
訪店時も郵便局に自転車を止めているお客さんが注意されていました。

辺りを見たらお店と道を挟んで向こう側の青丸の位置に自転車やバイクが停まっていましたよ。
(ココでOK!というわけではありません。あくまで見た時のハナシ。)

 

余談

ちなみにBooBoo太郎の帰り、千葉駅へ向かう途中韓国食材屋でブルダック炒め麺 激辛2倍を購入したんです。

数ある韓国のインスタントラーメンでナンバーワンの辛さを誇り、今まで多くのYouTuber達を葬ってきた

これです。
ぶっちゃけ

「ホントにそこまで辛いの?」

という疑惑があるのでちかいうちに試してみようかなと思っています。

ではでは~。

コメント

トップへ戻る