川越の中本で濃厚トマトつけ麺。味噌とトマトの相性がいい感じ!

現在20店舗以上ある蒙古タンメン中本。
その中でも行ったことがない店舗がいくつかあるのですが、今回はその中の1つである川越店へ初訪店。

限定メニューカレンダーを見ていたら”見たことあるような、無いようなメニュー”、『濃厚トマトつけ麺』を見つけたんですよね。

こりゃ食べねば!と小江戸埼玉は川越へ向かった訳です。

その時の様子を感想とともにレポートします。

Sponsored Link

蒙古タンメン中本川越店に到着

埼玉は川越に降臨。

川越の中本で濃厚トマトつけ麺1

西武新宿線、本川越駅を出てgooglemapを見ながら南へ徒歩4分ほどトコトコ。
付近はTHE商店街と言う感じではないですね。
コンビニや居酒屋もありますが一般住宅もある通りの一角に

川越の中本で濃厚トマトつけ麺2

見えてきました!

川越の中本で濃厚トマトつけ麺4

外待ちは無いみたい、しかし磨りガラスになっていて中が全然見えない・・・、ちょっと怖いな。
ま、いいや!ってことでまずは入店。

入ってすぐ右手に券売機があるのでまず食券を購入。

川越の中本で濃厚トマトつけ麺5

まだスキマが沢山。
これから新しい限定メニューやトッピングがどんどん増えていくんだろうなぁ〜。

なんて思いながら濃厚トマトつけ麺を探すものの・・・・??

川越の中本で濃厚トマトつけ麺6

一番下の右端(笑)

そんでもって隣のコク旨卵麺も食べにまた来なきゃ!

購入後、店内を見回すと店内待ちがびっしり。
お客さんは若者からおじいちゃん&おばあちゃんまで幅広いです、場所柄かな。
しかしどっちが列の前・後ろなんだ?と迷っていたら

こちらが一番うしろになります〜

と店員さんが教えてくれました。

川越の中本で濃厚トマトつけ麺7

店内列は赤のやじるしの向きに進むのでその最後尾に接続。
これ始めてだと悩んじゃうわ。。

並び始めて間もなく食券の確認とスタンプの捺印。
はじめての川越スタンプいえーい!!!

列は進み着席。

川越の中本で濃厚トマトつけ麺8

川越はお水がセルフじゃない!
店員さんが持ってきてくれました。

先に

川越の中本で濃厚トマトつけ麺9

トッピング類がやってきました。
そして

濃厚トマトつけ麺が着丼

川越の中本で濃厚トマトつけ麺10

濃厚トマトつけ麺   ¥880
コーン        ¥60
チーズ        ¥60

LINEクーポンゆで玉子

 

ありゃま。

これってまんま『中本風トマトつけ麺』じゃん!?

見た目はほぼ同じ(笑)
それなのにわざわざ”濃厚”と銘打って発売されたこちら、早速麺をつけ汁へドボンしリフト。

川越の中本で濃厚トマトつけ麺11

いただきます。

 

 

んん

 

うまーーー!

 

これ旨いじゃんか。
もちろんトマト風味はちゃんと感じられるだけど、ベースには中本の味噌スープがしっかりいます。
きちんと”中本風”になっていますね。

そんでもってバジルがふんわり薫ってきます。

つけ汁は

川越の中本で濃厚トマトつけ麺12

ナスとひき肉、ニンニク、トマトの果肉が入っています。
中央には溶けるチーズがON!

こちらはチーズが炙られていないんですね!?

辛さはほとんどなし。
シャバシャバなつけ汁で、麺への絡みが決していいとは言えませんが、しっかりとした味で物足りなさは感じません。

麺皿はこんな感じ。

川越の中本で濃厚トマトつけ麺13

太めの麺にはバジルがふりふり。

サイドにはほうれん草とキャベツが盛り付けられています。
これは箸休めに食べよっと。

 

今回はチーズが合うだろうと思い購入したのですが

川越の中本で濃厚トマトつけ麺14

食べてみたら、やっぱりいい感じ!!!
ナポリタンっぽくなりました(ミートソースじゃなくってね)

デフォでつけ汁に入っているチーズは少ないのでこれは足したほうがいいです!

さらに粉チーズがつけ汁を引っ張ってきてくれるのでさらにパンチ力UP。

川越の中本で濃厚トマトつけ麺15ほわほわのナスがいいですね。

麺と一緒に食べて美味しいほうれん草、それに対してシャキシャキのキャベツ。
中にでかい芯が混ざっていてめちゃ”ボリボリ”で残念・・・。

 

量は多くないこと、そして辛くなく食べやすいのであっさり完食しちゃいました。

さらにつけ汁も完飲・・・ヤバっ。

 

ごちそうさまでした。

 

感想とまとめ

今回は蒙古タンメン中本で濃厚トマトつけ麺を食べてきました。

中本風トマトつけ麺』と見た目はほぼ同じ、

川越の中本で濃厚トマトつけ麺16↑↓見た目はほぼおんなじでしょ!?

¥50の値段の差はやはりありますね

ぶっちゃけどちらも粘度ナシのシャバシャバで”濃いっ”って感じではないかも。
しかし今回食べた『濃厚トマトつけ麺』はベースのスープにより中本らしい味噌あじをより感じられました。
麺も太くなってつけ汁にもパンチと中本らしさが増し、程よくコクがあってスッキリ食べられる中本にわざわざ食べに行く価値があるトマトつけ麺になっていると思います。

そんでもって粉チーズはマストですね!
ちなみにコーンはなくても良かったかな(苦笑)

プチスープも一緒に頼んだら面白かったかも!バジルがかかった麺をヒヤミ食い・・・。

 

そして今回、麺、もしくは野菜(ほうれん草・キャベツ)の水切り?が甘かったのか麺皿のそこには結構水が溜まっていたんです・・・。

後半つけ汁が薄くなっていたんですよ、うむ・・・。
だから完飲できちゃったんですけどね(笑)

あと個人的にチャーシューが食べたかったなぁ。
あれ一枚でも食べると『喰ったなぁ!』って気持ちになれるんですよね。

次回の訪店には・・・って流石に無理か。

そして券売機にあった『コク旨卵麺』ってどんな感じなんだろ?
味噌卵麺のスープがちょっと変わったやつ?それとも・・・気になる。。

再び川越に行く日もそう遠くなさそう。

 

ではでは~。

コメント

トップへ戻る