船橋の中本で北極プルプル!ホルモンと生姜スープの相性がイイって話

いつものように新しくやってきた中本のLINEメルマガを読み流していると、何やら見た事ないメニューが。
それが今回の『北極プルプル』!

”プルプル”って・・・
と思ったんですが、どうやらホルモンなんでぷるぷる、って事みたい。
ありそでなかった組み合わせですね。

ってことで久々のNEW限定メニュー&未訪問の船橋店、西に向かい小旅してきました。

Sponsored Link

蒙古タンメン中本 船橋店に到着

はじめ店舗はJR船橋駅の近くなのかな?と思ったら、そうじゃないのね。
普段乗らない電車に揺られて最寄駅の京成線 船橋競馬場駅へ。

そこから南の方へ10分弱歩いて到着!

ららぽーとの近く、ショッピングモール「ビビット南船橋」の1階、角っちょの路面にある店舗。

 

ロゴやシンボルマークが”銀色”ってなんだか新鮮!!

お店に着いた時は食事時ではなかったので待ち列もなく、空席がありました。

お店に入ってすぐ右に券売機

券売機下部に北極プルプルはありました。

野菜大盛り不可なのね!

券売機の上には北極プルプルの説明やアレンジのススメが表示されていました!

温玉やネギがオススメなのね。
そういや温玉ってつけた事ほとんどないかも。

 

ですが

今まで付けたことのないとろけるチーズを見つけてしまったんですよね。

粉チーズではなく、とろけるチーズ・・・

 

我慢できませんでした。

 

食券を購入するとそのまま席に通され食券の確認。
ポイントカードのスタンプも押してもらいました!

 

ってか船橋店って細長くて広い。
字のカウンターが13・5で18席、2席のテーブルが3つで計24席もありました。

船橋店もお水はセルフスタイル。
取り出したコップには今回も赤い思い出(唐辛子)が付着していました・・・(泣)

これなんとかならないんですかね。

 

間も無く

北極プルプル着丼

北極プルプル     ¥930
チャーシュー     ¥110
とろけるチーズ    ¥120

LINEクーポン ゆで卵

 

やってきました!
これが新しい限定、北ぷるですね。(チャーシューとゆで卵を入れたせいでなんだか見た目いつもの北極とそんなに変わらないけど・・・)

さっそく

いただきます。

 

 

んん

 

うまっ!

 

一口目を食べた感じ”北極ラーメン”なんだけど、なんか違う感じ。

 

『生姜の効いたスープ』ってあったんだけど、生姜感は薄めかな。
ですが、スープに溶けたホルモンのコク(脂?)が北極のスープを野生的な風味にさせてました。
ふつうの北極より若干とろみ、そして甘みも強かったように思います。

逆にスープの脂っぽさはぜんぜん気になりませんでしたね。

辛さは表示の通り8~9位かな。
『北極ラーメン』よりは優しい印象でしたが、自分にはちょうどいい具合だったように思います!

 

 

そして『プルプル』の犯人、シマチョウ&マルチョウのホルモン。

一口大のものがころころと入っています。

その名の通りプルプルしていてもつ鍋のもつみたい(笑)

その他の具材は斜め切りのねぎ細切れのニラ糸唐辛子
たまにくるシャキシャキの歯ごたえがいいです!

 

今回有料トッピングに、初めての

とろけるチーズ。

炙ってくれてるんですね。
それでも粉チーズより香りは控えめ、ですがチーズを食べている感じはこちらの方があります!

北極プルプルに合うか?と聞かれたら、よほどチーズ好きなら・・・と(笑)
不味くはないんですが、ぶっちゃけ今回はなくてもよかったかもしれないですね。

 

そしてこの日のチャーシュー

薄めでしたが幅広のもの。

良く炙りのチーズに対し、チャーシューは微炙りでした。
持ってみると箸でつまんだだけで切れちゃうくらいのスーパーほろほろ

薄味ですが、豚の旨味を感じるものでスープにくぐらせていい塩梅になりました。

 

これうまっ!

 

麺量は多くなかったという事もあって、あっさり完食してしまいました。

 

スープは結構塩っぱかったんですが、今までにない風味がなんだか新鮮で結構飲んじゃいました。
危なっ。

ごちそうさまです。

まとめ

今回は蒙古タンメン中本船橋店に北極プルプルを食べに行ってきました。

北極スープのお肉がホルモンになっただけでなく、合わせてスープも変わっていたり、ニラやネギの歯ごたえがアクセントになるように細かく計算されて作られていたのが印象的。

トッピングにとろけるチーズをつけましたが、食べてみると確かにオススメのネギや温玉は合いそうだなと。

スープと具材(ホルモン)、スープと麺の相性バッチリ!
ですが、麺とホルモンってなんだか微妙、一緒に食べるのはうーん。

三段論法みたいに”全て合う!”って訳ではないみたい。
もつ鍋でも〆の麺を食べる時にはお肉(もつ)が要らないし。

 

 

そういう意味では”オススメ”のプル丼ってのは理に適っているのかもしれません。
ホルモンはご飯にのっけて〜っていう。

 

その辺り、自分なりの食べ方がうまく見つけられればスープは独特で旨いし、とてもいいメニューですね!

次食べる時はトッピングを別のにしたり、ご飯を付けてみたり色々試してみたいと思いました。

 

しかし!

 

この北極プルプルの提供日は、5/10、16、18、22、26日のみというなかなかSな限定。

 

販売数や時間帯に限定はないものの、26日の土曜日以外は平日。
そして場所は船橋・・・

 

いつかは他店舗でも気軽に食べられる日がくればいいな。

 

ちなみにこの時は中本好きSG氏と一緒に行ったのですが彼は

北極プルプルの麺半分、辛さ3倍。
結構スープがドロっていました。

辛さは10倍まで可能なんですって!

ってかネギの量がなんでこんなに違うんだろ???

風邪だったそうですが、ヒーヒー言いながらもきちんと完食していました。
ニンニクたっぷりなこのスープで早く元気になってくださいな。

 

そして船橋店では面白いメニューがありました。

場所柄、子供連れが多いのでしょうか。
郊外型の店舗らしいメニュー展開にほっこりしました!

 

食後は再びとことこ電車に揺られ東京へ〜
ではでは!

 

コメント

トップへ戻る