三田の二郎でぶたダブル、並び0&初の上ブレに当たりまじ歓喜!

いつもなら休みの前日は夜更かししてしまい次の日は昼までおやすみ・・・

ですがこの日は朝7:30に起きちゃったんですよね。
目覚めのいい休日〜

 

ってことは?

 

三田本店行くしかないでしょ!」

と思ったんですよね。
ってことで朝一で三田二郎に行ってきました!

Sponsored Link

ラーメン二郎 三田本店に到着

向こうに見える三田本店

 

お店の裏まで人がいるように見えるんですけど・・・

慶応生の何かでした(笑)

 

三田本店の前についたのが9:00頃

な、な、なんと

 

並び0

 

イエーイ!
待たずに食べられるなんてしあわせ。。

早速券売機に

嬉しくなってあんまり券売機をよく見ず焦り気味に食券を購入!

店内には空席がありそのまま通されました。
高台に食券を乗せて

 

麺カタで!

 

とオーダー。
三田本店はカタカタまでオーダーが可能です。
デフォだと結構ヤワめのイメージがあるのでやはりカタめで。

 

そしてこの日の調理は総帥

 

とっても元気そうにシャキシャキ調理していました!!!
ニンニクコールの際に下からニンニクを取り出しどんぶりに

『びちゃっ』

っと投げ入れていました(笑)
そうしないと細かく刻んだものが手から離れないからなんでしょうけど、その様子はなかなかインパクトがあります!

 

ってか実は値段だけを見てただの”ぶた入り”と思って買っちゃったんですが、食券を高台にのせてから”ぶたダブル”だった事に気づいたんですよね。
いつもは直系他店で850円→ブタ入りとかなので自然に間違っちゃったという。。。

 

ま、いけるっしょ!

 

卓上調味料は

シンプルにホワイトペッパーのみ。

 

そして間も無くトッピングコール

でもってやってきました

ぶたダブルラーメン着丼

総帥が高台まで乗せてくれました。

写真を撮り忘れましたが、どんぶりのサイドは飛び散ったカエシで結構びちゃびちゃ(笑)
自分で下ろしてと

ぶたダブルラーメン   ¥800

 

麺カタ トッピング→にんにく
もやしがどんぶりからはみ出たりとお世辞にも綺麗な盛りとは言えないんですが・・・
これがTHEラーメン二郎

それでは

いただきます。

 

 

んん

 

うまーーー!

 

はぁ、たまんない。

 

カタめに茹でられた平打ちのちぢれ気味麺はちょうどいい歯ごたえ。
うっすら芯が残るか、残らないか?って感じでいい歯ごたえ。

ホント小麦の香りがして美味しい。

太さは二郎標準・・・
ってか三田で標準とか何とかおかしな話、何が出てきても

それがラーメン二郎!

ですもんね(笑)

 

しっかり茹でられたクタクタのヤサイ

キャベツがたくさん入っていました。
芯までこれでもかっ!?ってぐらい火が通ってて柔らかい&甘かったです。

そしてスープ

乳化ナシの醤油タイプ。
意外と甘めのスープで食べやすい!

 

ダブルにした(してしまった?)ぶた

これがまたとてもよかったんですよね。

薄く切ったものや端のゴロ、脂がのったものなどバラバラで大量にIN!
塩分は若干強めだったかな。

部位によって”ホロホロ”のものや”ブリブリ”の歯ごたえのものなど色んなのが入っていたので飽きずに食べられました。

何でもフワトロがいい!って訳じゃありません!!

ヤサイと一緒に食べると塩分もちょうどいい感じでした!

 

 

全体的な量はそんなに多く感じませんでしたね。
それぞれのバランスが絶妙でとにかく美味しくって夢中で食べました。

 

後半お腹が苦しくなってくることもなく、難なく完食!

ごちそうさまでした。

まとめ

久々の三田本店でしたが、自分史上初めてココで上ブレを味わえましたね!
今までは

「あれっ、本店ってこんなもん???」

って思うことが多かったんですがこの時は

麺、スープ、ブタ、どれをとってもウマーーー。
毎回コレだったらホントしょっちゅう通ってしまいそうなクオリティです(まじ危険)。

 

ぶたダブルも難なくお腹に吸い込まれていっちゃいました。

ですが後から冷静に考えてみるとこの日の全体量はそこまで多くなかったんじゃないかな?
と。
やはり神保町や荻窪の方が全然多ような気がしました。

 

今回強いて残念だったことを挙げるとするなら、ヤサイとぶたが冷たいのでスープがすぐにぬるくなってしまった・・・
ということ。
まぁ冬の店内、ドアが全部がら空きでほぼ外と同じ温度なので仕方ないんですけどね。。

 

ってか今回席が丁度総帥の真ん前。
調理を見ていてなんだかほっこりしました。

というのも調理を全て テキパキやっていたんですよね。
厨房内に助手が3人いたのですが、オペやヤサイを茹でたり、食後の片付けなど。

”話題の”テーピングバリバリ・フィンガーインスープも経験できて三田本店をフルで楽しむことができました。

食後お店を出たのが大体9:20辺り

まだ外待ちは1人だけ。
やっぱり朝ラーメンってイイネ!

本店の底力を感じた訪店でした。

こういう美味いの食べちゃうとまた行っちゃいそうなんだけど、そしたら下ブレに・・・
ってこともありそうだし(笑)
そんなダイナミクスが二郎の面白いところ何ですけどね。

 

次いつ行こっかな〜

コメント

トップへ戻る