吉祥寺の中本で北極の秋を食べてきた!辛さときのこにうっとり~

蒙古タンメン中本吉祥寺店に限定季節シリーズ『北極の秋』が始まったので食べに行ってきました。

こちらは9~11月の提供という事で秋~冬前までしか楽しめませんからね。
それでは秋らしい具材がいっぱいの『北極の秋』を食べた時の様子です!

スポンサーリンク

蒙古タンメン中本吉祥寺店に到着

9月になったとたんに夜の気温が下がった東京、もう長袖を着て行きましたよ(おっちゃん)

この日は小雨がぱらついていました。

お店に入りまずは食券を買います。

お目当ては小さいボタン、一番上の段にありました。
やっと券売機の見方に慣れてきたのか(遅すぎますが)早く見つけられるようになってきました(笑)

そして券売機の横には

週替わりのきのこ!

の表示。

この北極の秋には具材に”きのこ”が入っているのですが、そのきのこが週によって変わるんですね。
きのこの部分がちゃんと付け変えられるようになっています(笑)

そんな週ごとに変わるきのこを調べてみると

  • 丹波しめじ
  • まいたけ
  • しいたけ
  • エリンギ
  • ぶなしめじ
  • マッシュルーム
  • なめこ

などがあるようです(他にもあったら教えてください)

この時は空席がありすぐに座ることができました。
食券を渡してスタンプカードに捺印してもらいしばらく待ちます。

北極の秋着丼!

北極の秋         ¥930
チャーシュー(1枚)  ¥110

LINEクーポンスラ玉

やってきました。

航空写真を

ちょっとUPで

なかなかなの油膜ですね。
ライトでキラキラ光っています(笑)

丼の中心にはネギとニラの山。

ちょっとネギが少ないような・・・

このメニューでネギを増やしたいときは券売機の『ネギ』を買ってもいいのですけど、そうすると輪切りのネギが別小皿ででてくるのです。

が!『野菜大盛り』にするとこれと同じ”斜め切り”のネギがたっぷりになって提供されます。
(ちなみに北極ラーメンだと”もやし”が増えたりとメニューによって増える野菜が違うので注意!

「じゃ、きのこは?」

と思ったのですが、それは無理みたいですね(笑)

それでは頂きます!!!

いつも通り安定のおいしさ。

スープ、麺はもはや説明するまでもなく中本のソレ!

具材はというと

北極の秋のメイン具材のしいたけえのき

かさの部分を4等分した大き目のシイタケ、食感がちゃんと残っていて食べ応えがあっていいですね。
これスープにも合っていて美味しい。

えのきはスープの色に染まり真っ赤。
しいたけの存在感がありすぎるからか、それとも量が少なめだったからかあまり記憶に残っていません(笑)

他の具材は油揚げ、ゴボウ、肉、ネギとニラです。

ゴボウは隠れていて目立ちませんが、シイタケ同様に独特な食感と風味でいい作用。

そしてこの日のチャーシュー

ちょい大きめで厚さも標準といった感じのチャーシューですが

あれっ、崩れているじゃないですか!?

後半ある程度麺を食べてからチャーシューを食べようと探したらさらにバラバラに崩れていました(笑)

発見したチャーシューの欠片を食べてみると

うまーー!

ホロホロのとろチャーシュー、これは崩れちゃうのも仕方ありません。
この写真は食べる前に撮ったものなのですが、食べたころには、崩し豚になっていました。

味もちょうどいい塩加減でこれは当たりでしたね。
2枚にすればよかった・・・

歴代1位の美味さのチャーシューでした。

止まることなく食べ進め完食!
スープも結構飲んじゃいました。

ごちそうさまでした!!!

まとめ

約1年ぶりに(季節ものなのであたりまえか)食べた北極の秋はとても美味しかったですね。
始めに見た時に気になった油膜も食べているときは特に気にならずにいけました。

ってかシイタケいいですね。

そんな色んな”秋食感”に気を取られたのか、辛さをあまり感じませんでした。
たまたまブレで甘めだったのかな?それともこの辛さにとうとう慣れてしまったのか。。

それにしても美味しかったのでまた期間中にリピしてしまうかもです!

ってか前のポストで

「ここからしばらくはのんびり食べて〜」

なんて言った次の日にこれですから。
自分でもどうなってんだか止まらないんですよね・・・