恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば!他のメニュー美味そうだった件

最近は行ったことがないお店に行くのがなんだか楽しくてネットやSNSで色々探しています。

そこで調査していて見つけたのが今回行ったお店『恵比寿ブタメン早稲田店』

その気になったポイントが

  1. 見た目がもりもりのインスパイア系ってとこ
  2. ”まぜそば専門店”ってとこ

 

①はもちろんなんだけど、②最近油そば専門店がけっこうあるとはいえ”こっち系”では珍しいですよね!

ってことで実際に行って食べてきたのでその様子やお店の感じやメニュー等をレポしていきます。

恵比寿ブタメン早稲田店に到着

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-外観

早稲田駅1番出口より徒歩2分ってことで確かに駅チカなんだけど、”早稲田”の賑やかな辺りからは少し離れた場所に位置するお店。

まだ開店してからそんなに経っていないからかな?綺麗な外観です。

 

早速中に入って右手にある券売機で

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-券売機

食券を購入。こちらでは麺量は

  • 小 150g
  • 中 200g
  • 大 300g
  • 特大 400g

となっています。
少食にも優しい!

 

この時先客は年配のご夫婦一組のみ。
店員さんから

お好きな席へどうぞ〜

ってことで適当に着席、その場で食券&無料トッピングの確認がありました。

なるほど、ココはコールが先なのね!

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-トッピング

選択肢は一般的なインスパイア店と同じ、少なめやマシマシも可能です!

ってことで焦って(笑)トッピングを告げてと。。

 

改めて給水器で水を確保(ちゃんと冷たくて良)、そして紙エプロンやティッシュも用意されていました。

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-ティッシュ

助かります。

卓上調味料は

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-卓上調味料

カエシ、お酢、コショウ、唐辛子、そして紅生姜もありました!

店内の様子を楽しみながら待っていると・・・

味玉ブタメン(中)着丼

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば

味玉ブタメン(中) ¥850
白ネギ       ¥100
ジンジャー     ¥100

トッピングコール→ニンニク・野菜・アブラ

食券の確認から着丼まで8分、やっと出会えました。

盛り方がいい感じで期待が高まります!

 

さっそく

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-リフト

野菜の間から麺を引っ張り上げ、いただきます。

 

 

んん

 

うまっ!!

 

シンプルでストレートなラーメンだれの味がやってきます。
恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-たれ”まぜそば”ってことだけど、けっこうタレというかスープは多め。
ってかもはや汁が少なめのラーメンと言えるほど(笑)

 

化調や豚の味もするんだけけど、このテのラーメンにしてはかなーりスッキリした味、そんでもって黒い色の割に塩分も控えめ。
他調味料やトッピングしたアブラ&ヤサイの水分が落ちるとまた少し変わるのかな??

 

そして麺は

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-麺

角が立った断面が長方形の中太ストレート麺

 

ゴワゴワまではいかないけどちょいカタメの茹で加減でいい感じ。

ってかココで気付いたのが・・・

ニンニク忘れられてる(汗)

ってことで店員さんにお話して改めて別皿でいただきました、ホッ。

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-ニンニク

ニンニクを入れたことでパンチが少しUP!
これは入れたほうが絶対いいですね。

 

そんでもってヤサイは

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-ヤサイ

程よくキャベツを含んだシャキシャキ寄りの茹で加減のもの。

これを

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-アブラ

プルプルなアブラと一緒にいただきます。

ん?
アブラは味なしでちょっぴりタレがかけられたものでしたが薄味。

ちょっと物足りなかったので改めてまぜまぜして食べることにします。

 

そしてこちらの特徴の一つでもある

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-ブタ

ブタ。

甘めのあじでいわゆる”角煮”タイプのもの。

2×4×4cmのものが2キレ、赤身と脂身がいい感じのバランスでしたね。

歯ごたえは程よい柔らかさでしっかり食べごたえも感じられるもの。

 

ココからはマゼマゼして食べることに。

そして

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-ショウガ&ネギ

ショウガをすこしづつ混ぜて。。

うん食べたら鼻を抜ける香りがイイ!

 

もちろんネギもシャキシャキでイイ!

 

ココまで来て分かってきたぞ。

このまぜそばは元がとってもシンプルな味だから自分でガンガンカスタムして食べるべき!って事。

 

ここでさらにコショウをかけて、カエシもちょっと足してと。

 

自分の完成形を見つけてあとは食べるだけ(笑)

 

そう、味玉!!!

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-味玉

これまた優しい味の味玉。
味は塩分が浅めの染み具合で甘さを感じる仕上がり

 

 

もうココからはひたすらS・U・S・U・R・U!

麺量が200gなのであっという間に完食しちゃいました。

 

麺を完食する寸前に店員さんが持ってきてくれたのが

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-追いスープ

イワシのスープ

コレで残ったタレを割って飲むとい美味しいと勧めてくれました。

な訳で

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-〆

麺や具、調味料などからの色んな旨味が詰まったタレ+イワシスープ。

あっさりすっきりでさらっと飲めちゃう味で後味が良かったですね。

 

見事に完飲、ごちそうさまでした!

味玉ブタメンの感想とまとめ

恵比寿ブタメン早稲田店で今回は味玉ブタメンを食べてきました。

凶暴そうな見た目ですが、実はとっても食べやすいライトなインスパイア系まぜそばという感じでしたね。

デフォルトの状態だと味は薄めかな?という感じ。

無料&有料トッピングと卓上調味料で自分好みにバリバリカスタマイズして食べるのがオススメです!

 

初めての”こっち系を食べる人”にもOKなライトさ。
重いのが食べたい時にはガチでカスタマイズして!

いろんな食べ方が出来る一杯だと思いました。

恵比寿ブタメン早稲田店でまぜそば-看板

たまごですき焼き風にするのはもちろんのこと、最後にライスを入れたり、イワシスープとライスでお茶漬け風にしたりetc…

まだまだ可能性がありそう!

他のメニューについて

気になった他のメニュー。

後からやってきたお客さんが食べていた『琉球の塩ブタメン』にはコーレーグス(島とうがらしを泡盛に漬けた調味料)が付いてきていて興味深かったんですよね。

『カリーブタメン』も美味そうだったんですし。。

現在は券売機の一部がチラシで隠されていましたが、本店では

  • タイ風トムヤムブタメン
  • コチュブタメン(韓国風)
  • ペペロンチーノブタメン
  • 担々ブタメン

こんなメニューも提供されている(一部限定ですが) みたいなのでいずれ早稲田店でも登場するだろうなぁと。。

それにして色々ともう何でもありじゃん(いい意味で!)

↑が始まったらまたお店行こうっと!

恵比寿にないのに何故?

ってかお店を探していて「恵比寿ブタメン」っていうけど

恵比寿にお店ないじゃん”?

と思って興味深いので詳しく調べてみると店名の由来は・・・

遡ること2009年頃、恵比寿のとあるバーにて、煮豚を作って野菜と一緒におつまみとして出していたところ、お客様から「麺を入れて欲しい」と言われ、うどんの乾麺を固めに茹でて出したのが「恵比寿ブタメン」の始まりでした。
なので、「恵比寿」の文字が屋号に使われているのは、初めて商品になった場所の地名と、商売の神様である恵比寿様にあやかった名前でもあるのです。

出典:https://www.ebisubutamen.com/about_us

という恵比寿のバーでの裏メニューだったことからなんですって。そして本店は千葉の大網 にあるそうで、今回食べた『早稲田店』は都内唯一の支店だそう。

ね!?←何が(爆)

それにしてもタイ風トムヤムブタメンが気になるが大網はなぁ(都内西部から余裕で2時間以上)。

う〜ん。。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました