ラーメン大高円寺へ!閉店?→復活って…久々に行って味を確かめてみた

最近ラーメンを食べていなくって手足に起こった”しびれ”と言うなの禁断症状・・・。
こりゃいかん(汗)と思い近くですぐに食べられるラーメンを思い浮かべ、辿り着いた答え。

それがラーメン大

その昔はちょこちょこ食べに行ってたんだけど、ここ数年はぜんぜん行ってないので久々に味を確かめにでも行ってみっか。
ってなわけで思い出の味をたどる旅へ、らーめん大高円寺店に行ってきました。

その時の様子や味の感想をレポートしていこうと思います。

閉店→復活騒動

そういえばここの「ラーメン大」って閉店というか店名変更→屋号が戻る。

ってな騒動というか事件があって。
結局メニューや味はなんにも変わっていないみたいなんだけど(笑)

本郷にあるらーめん大も同じように変わったみたい。

調べてみると

以前は2012年4月20日開業の中野店と2007年12月7日開業の本郷店に、この高円寺店の三店舗を展開していたラーメン大フランチャイズ運営企業だったそうだ。

それが本郷店・高円寺店と中野店が別の道に別れることになり、中野店側はそのままラーメン大FC店として存続。こちら側はらーめん大のFC契約を終了させ、新たな展開を模索することに。

本郷店がひと足早く、2017年6月に盛まると店名改称。その後を追うようにして、高円寺店も店名を同様にしたそうだ。

引用:http://blog.livedoor.jp/kigekiramen/archives/74611221.html

なんだって。

しかし2018年の春に再び高円寺店と本郷店はらーめん大に!

『盛まる』じゃ駄目だったのね(汗)
中身は同じでも屋号が違うだけで色々あるのね。

なるほど、予習は完了!

らーめん大高円寺店へ到着

ってことでお店へ

よく行っていたお店だけど、いつしか行かなくなったお店。
高円寺のこのお店の前を今まで何度素通りしたことだろうか・・・。

店内に空席があることを確認し、意を決し店内へ。

まずは入ってすぐのところにある券売機で食券を購入します。

 

相変わらず豊富なトッピング!

  • 細切れ豚
  • フライドガーリック
  • たまねぎ
  • めんま
  • 味付卵
  • 生卵
  • ねぎ
  • 追加豚(2枚¥200)

大はやはりこうでないとね。

食券を買って空いた席に、カウンター高台へ食券をのせて待ちます。

店員はベトナム人の男女2人体制。
席は5:3のL字カウンター。

卓上調味料は

白・黒のペッパー、唐辛子、お酢、カエシ。

必要十分ですね!

レンゲはカウンター高台に、お水は券売機の向かいのL字カウンターの角のところに。
その横には紙エプロンも要されています。

カウンター壁面には

無料トッピングの案内。
初めての人にはこれがないとわかんないもんね、大事。

にしても増し増しヤバっ。

店内の様子を観察しつつ待っていたらトッピングコールが入り

らーめん並 着丼

らーめん並  ¥700
たまねぎ   ¥70
細切れ豚   ¥100
ねぎ     ¥70
味付卵    ¥100

トッピングコール・にんにく、アブラ

そして

何も言わなくても”別皿”になった有料トッピングたち。
丼がもうスープ並々だから分けてくれたのかな?

こんなにひたひた!!!

そこにトッピングたちを

のせたらこんな感じ。
いい感じの見栄え!

さすが元祖(?)インスパイア、貫禄があります。

それでは具材の隙間から麺を引っ張り上げ

いただきます。

 

 

んん

 

うまーーー!

 

なつかしいあの味。

スープは

見た目通りのとんこつ醤油。
そこに背脂たっぷり。

ぶっちゃけ千駄ヶ谷の”ホープ軒”っぽい味わい。
二郎よりも豚のコクはやっぱり控えめかな 。

なんていうのかな、甘みと化調のバランスでそう感じるのだろうけど懐かしい味です。

 

麺は中太縮れタイプ。
ちょうどいい歯ごたえとスープの絡み、特筆するべき個性は無いがきちんと仕事をこなす優等生です。

背脂がたっぷりのせられたヤサイ。

このお店の”アブラ”は塊ではなく、ザルで漉したもの
そのせいもあって東京背脂豚骨系っぽさが高くなっているのかも。

ヤサイはクタ寄りの茹で加減。
キャベツは少なめでしたね!

このヤサイと背脂を一緒に食べるとウマー。
ナイスサラダ。

 

そして

たまねぎ&ねぎ。

なんとたまねぎは茹でたもの
シャキシャキした歯ごたえとスープのアブラを相殺するスッキリを期待し買ったのだが、ペチャペチャで甘〜い(笑)
当初の目論見とは反対の効果・・・。

ねぎは逆に辛みが強いハードタイプ。
こうでなくっちゃ。

結局プラマイ0ね。

 

そして

大のおちこぼれ具材『豚』!
相変わらず小さくて薄っぺらでボソボソ。

良く言えば懐かしい味のチャーシューなんだろうけど、このタイプのらーめんにソレは求めてないし(汗)
しかし予めそんな事態を予想して

細切れ豚を買っておいたのです!

スープに浸して食べると・・・

うまっ!

2枚¥200の豚増しをかうよりも絶対細切れ豚を買うべきです。
これはお得。

グイグイ食べ進めていき後半、そろそろ味玉タイム。

完熟一歩手前の火の通り。
全体にしっかりダシ味がしみてバシッと甘みが前面に来ていました、スープにも合っていて旨い!

 

盛りの良さから量が多そうに見えましたが、麺量が200gなので余裕でぺろり。(麺はグラム¥100で増量可)
さくっと完食できました。

 

ごちそうさまです!

感想とまとめ

今回はらーめん大高円寺店でらーめん並を食べてきました。

盛りはしっかり”インスパイア”なんだけど、味は東京背脂豚骨系寄りかな?って。
二郎のようなコクやパンチを期待して食べるとちょっと肩透かしを食らっちゃうかもだけど、程よいこってり感と大盛りっぽい雰囲気を味わうにはちょうど良さそう!

お店は夜遅い時間まで空いているので高円寺飲みの〆にもよさそうだし。
そんなに混んでないし!!!

本気でガッツリ、には物足りないかもしれませんがこのらーめんがちょうどいいタイミングって結構ありそう。

 

そんな感じで大のらーめんを久々に食べたけど、意外といいなぁ!と再認識出来ました。

また今度こよっと。
その時はつけめんか油そばにしようかな!?

コメント

トップへ戻る