松山の二郎系『豚麺アジト』が濃い味で強パンチの旨麺だった件!

東京発のラーメン二郎、今や麺好きなら知らぬ者がいない超人気ラーメンである。
今では直系店が無い地域にもインアスパイア店が数多く開店しているという。。

それにしてもあんなコッテリ、激烈ボリュームラーメンが全国で人気って凄いですよね(笑)

今回所用で愛媛県松山市に行くことになったのですが、やはり四国にも二郎系インスパイア店が存在していてとても人気だっていう噂。。

そのお店の名前は『豚麺アジト』!

2014年のオープン以来連日行列ができるというそのお店なんだそう。

こりゃ松山に来た以上行くしか無いでしょ!?

 

ってことで時間を作ってラーメンを食べに行ってきました。

その時の様子や感想をレポートしていきます。

豚麺アジトに到着

お店は松山市駅から徒歩10分ほどの場所、昼の部の開店時間に合わせ行くと

松山の二郎系『豚麺アジト』・並び

すでに10人以上の行列ができていました(しかも平日だよ!!)、カップルもちらほら。

東京と変わらない行列の様子に逆に安心したakuma笑
早速列に接続。

開店とともにお客は店内に吸い込まれていきます。
そこで・・・

豚麺アジトのローカルルール!

ちょっとルールが特殊なこちら。

並びから着丼までの流れを把握しておけばスムーズに気持ちよく食べられるはず。

1, 店内待ちは2名、入り口横・券売機前の席より一段低い位置で待ちます。
食券を購入して

松山の二郎系『豚麺アジト』・券売機

麺量はどれも同じで小豚麺・豚1枚豚麺・豚2枚大豚麺・豚4枚とブタの量の違い。
麺量を増やしたいときは青の券を購入!

2, 席が空いたら紙ナプキン・水・レンゲ・お箸を自分で持って行き着席

松山の二郎系『豚麺アジト』・給水器

紙の食券はマスターに声を掛けられるまで持っていましょう。
カウンター高台に乗せると飛ばされちゃうかも・・・

3, 食券回収に来た時に

  • 麺の量(基本料は200g)
  • 麺の硬さ(硬め・柔らかめなど、普通の場合は何も言わなくて良い)
  • 野菜の量

を伝えます!!!

麺を半分にした場合は、味玉or得具(半味玉・ネギ・メンマ)のどちらか、もしくはネギ・メンマ・魚粉の中から2種類のトッピングを入れてもらえます。
麺半分と伝えるとマスターが聞いてくれるので安心してください!

4, 着丼前にトッピングコールが入りますが、

松山の二郎系『豚麺アジト』・コールの仕方

この時に

  • ニンニク
  • アブラ
  • 一味
  • 七味
  • 黒コショウ

をコールして入れて貰う事が可能なのですが、ただ

「ニンニク・アブラ」

と言っても聞き返されます(汗)

「ニンニク・アブラマシ

と言いましょう。
これでラーメンがやってきます。

ややこしいように思いますが、特に難しいことはありません。
マスターが優しく聞いてくれるので大丈夫!

店内には

松山の二郎系『豚麺アジト』・案内

こんなふうに説明書きがあるので座ったら見ておけば問題ないかと。。

卓上は狭いけど台拭きとカエシのみとシンプル。

席数は8席で1ロット4杯
ちょっと回転は良くないけどワンオペなのでね。。

松山の二郎系『豚麺アジト』・卵やら水やら

待っていたらトッピングコールが入り、間もなく・・・

豚麺着丼

松山の二郎系『豚麺アジト』の豚麺

豚麺    ¥820
味玉    ¥100
生卵    ¥50

トッピングコール→ニンニク・アブラ

やってきました。

 

カウンター越しにお盆ごと渡された一杯。
ヤサイの間から麺を引っ張り出し

松山の二郎系『豚麺アジト』・リフト

いただきます。

 

 

んん

 

うまーーー!

すんごい油膜の下には黄金色のスープ。

松山の二郎系『豚麺アジト』・油膜

甘さを感じるのですがそれ以上になかなか塩っぱい(いい意味)

しっかりジャンクな味わいでパンチも十分。
決して”食べやすい”とは言えないやつです(ホントいい意味で)

麺は

松山の二郎系『豚麺アジト』・麺

角が立った断面が長方形のストレートタイプ。
太さは一般的には”中太麺”という感じですが、このテのものにしては細めかな?と。

低加水&硬めの茹で加減で小麦感バシバシ。

いい香りで美味しい麺でしたね。

そして特徴的だったのが

松山の二郎系『豚麺アジト』・おろしニンニク

刻みではなくおろしニンニクだったこと。

それにしてもこのニンニクは辛かったです。
なんでだろ???

ヤサイはというと

松山の二郎系『豚麺アジト』・モヤシ

茹で加減はシャキでもクタでもなく普通。
いい塩梅にキャベツも入っていましたよ!

切り方が荒くて芯が”ボリっ”となってる部分もあったけどそれはご愛嬌。

その上には

松山の二郎系『豚麺アジト』・アブラ、ナルト

プルプルアブラ&頂上にはナルト!

なんでナルトがのってるんだろう?
美味しいけどさ(笑)

 

さらに別皿でやってきた松山の二郎系『豚麺アジト』・別皿アブラ

こいつでアブラサラダ!!!

うまいじゃんか。。。

 

んでもって店名にも入っている”豚”は・・・

松山の二郎系『豚麺アジト』・ヤバイ豚

ウデのブタが2枚分なんだけど、1枚+崩しタイプの合わせ技でやってきました。
なかなかの量でいいですね。

脂身が混ざってホワホワの部分やシーチキンっぽいところなど部分によって歯ごたえや味の入りが違っていて飽きずに食べられました。

後半には

松山の二郎系『豚麺アジト』・すき焼き食い

いつものすき焼き食いをしてと。

うん、優しくていい!

最後に

松山の二郎系『豚麺アジト』・味玉

トロ~リ和風味の味玉をたべて・・・

完食!

 

ごちそうさまでした。

まとめと感想

今回は愛媛県松山市のインスパイアラーメン『豚麺アジト』でウマーなラーメンを食べてきました。

人気店ということで楽しみにしていったのですが、その期待通り間違いなく美味いやつでした。
ただオーダーやトッピングコールのシステムが独特なのでちょっとビビりましたね(笑)

松山の二郎系『豚麺アジト』・看板

その他かなり珍しい”おろしタイプのニンニク”ってのにも(笑)

個人的に化調ぴりりで豚感が強いパンチのあるスープが印象的でしたね。

総合的に満足度の高い美味しい一杯だったと思います。
これが食べられるなら愛媛に転勤になっても安心・・・?かなと。

お店の営業時間&駐車場&LINEアカウント

豚麺アジトの営業時間は11:00~14:00で水曜定休だそう。

駐車場は

松山の二郎系『豚麺アジト』・駐車場

お店の並び、というか隣の「リパーク松山河原町」には10台、その向かいにも駐車場があります。
めちゃくちゃ近くて便利ですね!!

そして公式LINEアカウント(@DZC1667C)では臨休、スープの売り切れ、限定メニューのアナウンスがあるそうです!
お店に行く前に確認してみてはいかがでしょうか?

ではでは~。

コメント

トップへ戻る