新宿の中本で冷しインドラーメンを食べてきた!これって一見冷し味噌?

秋も深くなり少しづつ寒くなってきた雨のぱらつく日、中本新宿店に限定の冷しインドラーメンを食べに行ってきました。

インドってことはカレー!?

じつは最近カレーづいているので楽しみでした。

スポンサーリンク

蒙古タンメン中本新宿店に到着

行列はナシと。

これこれ!
説明なしで地味め・・・

中に入り券売機へ

を!!
これか??

と思ったのですが、どうやら「冷し」じゃないし・・・
ってかこっちはレギュラーメニューなんですね。

その下に目を向けると

ありました。

この日は空席があったので食券の確認とスタンプの捺印をしてもらったらそのまま着席。

場所は入り口の近くの方だったのですが、それでもスマホの電波がほぼなしでした・・・
この電波問題何とかならないかなぁ。

なーんて思っていると

トッピングがやってきました

コーンとチーズ。

カレーにこの二つは合わないわけないでしょ!
ほんとはチャーシューも食べたかったのですが、新宿はないんんですよね。
残念。

そして

冷しインドラーメン着丼

冷しインドラーメン  ¥930
チーズ        ¥60
コーン        ¥60

LINEクーポン スラ玉

一見、見た目は冷し味噌ラーメン!

でも

よくみるとつけ汁のには冷し味噌にはないスラ玉とネギがのっかっています。

この日はもやしが結構多かったような・・・
けっこう山盛りにのせられていました。
気のせいかな?

ここは初めからトッピングをぶち込んで楽しむことに。

この時点でつけ汁が並々で麺を入れたら溢れそう

気をつけながら麺を入れリフト

いただきます!!!

ん。

んん。

これ普通の冷し味噌じゃない?

それが第一印象。
間違えられたのかと思いました。

なのでもう一口。

・するとほんのりカレー味。

どうやらコレ、冷し味噌のつけ汁にカレーが入っているものなんですね。

そのまま食べていたのですが、味噌とカレーが戦っている!

って感じの味。
両方主張が強く引かないのでなんだかどっちつかずの味になっている気がしましたね。

そんな戦国つけ汁の中、味噌とカレーを繋いでいたのがチーズでした。

両者の溝を粉チーズの香りとコクが埋めていたという感じ。
そしてそこに甘みのコーンでなんとか握手。

一言では言い表せない謎味になりましたが、結果的に

「まぁ、アリかな?」

という感じになりましたね。(自分的に)

そして意外と辛かったです。
ここはいい意味でちゃんと”らしい”感じで良かったです!

なかなかの麺量で完食時にはお腹パンパンになりました。(1.5玉?)

ちなみにチーズやコーンを入れたせいもあると思うのですが、食べ終えた時にはつけ汁がそのまま飲んだりしていないのにも関わらず全くなくなってしまいました。

レンゲの登場なし(笑)

あ、コーンは穴あきレンゲですくいましたけど。。

まとめ

未食だった冷しインドラーメンを食べてきました。

ぶっちゃけその名前からしっかりとした『カレー感』がするものかと思っていたので拍子抜けしましたが、

こういうのもおもしろいな!!

という感じ。
このどっちつかず感は好みが分かれそうだなと思います。

自分は正直微妙かな・・・

お店を出て

せっかく新宿にいるので大久保公園で行われている大つけ麺博を覗きに行ってみました。

ぐるっと一回りしたのですが、お腹いっぱいだったせいもあり、全く食べる気が起きませんでした(笑)
どのお店も半ラーメンサイズで一杯¥500と食べやすいはずなんですけどね。
なんだかね・・・

平日昼はアルコール類が半額なので一人飲みでもしようかな?

と思ったのですが、それもせず黙って帰りました。

これは第五陣の『眞久中』まで待て!
ということでしょうね。

もうすぐなのでまたその時に来てみようと思います。

眞久中はこれね↓