中本・上板橋本店でアラブそばを食べてきた!これって甘酸辛い油そば?

今回は蒙古タンメン中本上板橋本店に限定の『アラブそば』を食べに行ってきました!
この限定メニューはなんと、期間が平日の15時から19時までというなかなかの難易度(笑)

時間を作り行ってきましたよ!

スポンサーリンク

蒙古タンメン中本上板橋本店に到着!

雨がぱらつく日でした。
平日昼間という時間も時間でさらに雨。。
外待ちはもちろんいるはずもなく、

「すぐに食べられるかなぁ〜!」

と余裕をぶっこいて店内に入るとまさかの背後霊(カウンター後ろの並び)が数人・・・

先ずは食券を買って

列に接続します。

といっても間もなく着席できました。
席数も多いという事でやはりよく回っていますね。

座るとテーブルがなんだか汚い(涙)
ちゃんと拭かれていなかったので自分で・・・

食券を確認してもらってスタンプを捺印。
そこから少し待っているとやってきました。

アラブそば着丼!!!

アラブそば   ¥830
チャーシュー  ¥110
チーズ     ¥60  ちょうど¥1000!!!

LINEクーポンスラ玉

見た目を知らない(あえて調べない)で来たのですがこれはなんと爽やかそうなビジュアル!

とにかく水菜がたっぷり!

その上には白髪ネギ。

そしてお肉とゆず片がたっぷりのっています。
中本でゆずとは・・・

どんな味なのか気になりますね。
それでは

頂きます!

ん、んん

これ温かい麺だ!

水で締めたりしていない湯切りしただけの麺に、タレが既に絡められている状態で盛りつけされています!
はじめから合えてあるのは珍しいですね。

そんなに辛くなく、甘くて少ーし酸味があってゴマの香りがします。

そして噛んでいると”こりこり”した触感がしたのですが・・・
なんと!!!麺の混ざって小さく切られたメンマも入っていました!

ここで思ったのが

アラブそばってアブラそば?

ってこと。
そう、これはいわゆる”油そば”を中本風にアレンジしたという感じなのかな。
名前は中本らしいシャレっ気ですね(笑)

味は決して夏っぽいサッパリ麺!という感じではないですね(悪い意味ではない!)

そして中本っぽくない”白い”お肉、辛子肉じゃないんですね!?
これ、塩ダレみたいなので味付けされていて美味いです、今まで中本で味わったことがないやつでしたよ。

そこにネギ&水菜のシャキシャキ感にゆずの酸味でさっぱりをプラス。
タレのコクとスッキリがいいバランスで共存しています。

ここで、先日の冷しプリズマ☆ラーメンからハマっているチーズ!

うまーー!!!

そもそも油そばってチーズ独特の風味がぴったり合いますもんね(笑)
これはおススメです!

そんな感じでもりもり食べていて半分程・・・

突然やってきたのが

食べるラー油

あれーーー(汗)
もっと早く欲しかったな。。。

早速かけてみます。

なかなか辛くなりますね。
ニンニクとなぜかひき肉が入っています!
これは正直お好みで!という感じかな?ニンニクの香りとアブラっぽさが増して辛さとコクのパンチが加わりますよ。

もとのままでも味がちゃんと完成しているのでイッキに全部入れてしまわず、少しづつ入れて自分好みに仕上げるのがいいと思いますね。

そして本日のチャーシュー!

片面炙りのタイプ、大きくって1cm以上の分厚いアタリのやつでした

初め見た時

厚切り牛タン入ってる?

って思っちゃたくらい。
味は薄めでしたが、ほろほろな柔らかさで今までのチャーシューの中でかなり上位に入るクオリティ(中本基準)のものでした!
これ温かい麺のスープに浸したら美味いんだろうなぁ。。。

と思いながら頂きました。

そんなこんなで完食!

帰りに貼られてあるのを見つけました↓

辛さUP可能なんだ!?
今度食べるときはUPしよっ!

まとめ

本店&時間限定というアラブそばを食べてきました!

『アラブ』をモチーフにしたオリエンタルなものか?『あぶらそば』の変化球どちらかな?
と思いましたが後者でしたね。

一見”夏っぽい”やつかなと思いましたが、そんなことはなく(笑)温かい汁なし油そば+中本風味な一杯(一皿?)でした。

中本っぽさを求めて食べるにはちょっと違うかもしれませんが、ちょっといつもとは気分を変えて〜という時にいいメニューですね。
どんな麺でもクオリティが高い中本、ちゃんと美味い油そばでしたよ(笑)
激辛のもはちょっと・・・という方にも良さそうです。

最後に何度も言いますがチーズトッピングが絶対合うのでおススメ!
お試しあれ〜

にほんブログ村 グルメブログ ラーメン二郎・二郎インスパイア系へ
ぽちりおねがいします!(笑)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする