高田馬場 蒙古タンメン中本 高田馬場店 皿麺


皿麺 ¥800
チャーシュー飯 ¥200

21日~24日までで提供時間が14時〜17時までというハードル高めの限定。
そして全くの非辛という。
もともと中本のセカンドブランドとして池袋にあったお店「くまが屋」の看板メニューがこの皿麺。

周りで食べてる人を見てみると、見た目が焼うどんのような…

着丼

調理に時間がかかるようだ、席から見える厨房では一度に3杯づつしか作れず大変そう
座ってから来るまで30分以上かかりました汗

ボリュームが凄い。

上にたっぷり乗っかる具は、キャベツ、もやし、にら、にんじん、きくらげ、イカ、さつま揚げ、かまぼこ、エビ、肉そして頂上に牡蠣が1切れ! 具沢山だ。

麺はもちもち。スープと野菜や魚介、たくさんの具材から出る旨味を吸っていて味わい深い。

食べ終えると皿には若干汁が残る感じ。ラーメンのスープをベースに作るからだろうか、それを味の基本に塩、胡椒等で味付けされているようだ。 焼うどん?、皿うどん?ちゃんぽんの汁なし?どれでもないけどそんな印象
クドくないのでボリュームはあるが食べやすかった

卓上の紅生姜やお酢との相性が良さそう。

そしてやっと食べられたチャーシュー飯、見た目のまま刻んだチャーシューと半熟卵、ネギをのせた丼。
これは麺と一緒に頼んでスープを少しかけて食べるのと美味しそう。
この時は↑の皿麺でお腹いっぱいでになり味をあまり感じられなかった。
いつか再トライ…