蒙古タンメン中本大宮店で水蓮火!驚異の”辛さ度12”を確かめてきた!

行こう!行こう!
と思っていながらなかなか行けなかった大宮店。

先日目論んだ『越谷二郎〜大宮中本ハシゴ計画』は、二郎食後にakumaの腹パンKOにつき断念・・・

 

しかしそその数日後、中本フレンドSG氏から

「大宮行どうですか?」

とのお誘い。
これは行くしかないでしょ!!!
ってことで改めて大宮へ行ってきました。

今回はそんな蒙古タンメン中本大宮店で水蓮火(すいれんか)を食べてきた時の様子や感想をレポートしていこうと思います。

蒙古タンメン中本大宮店に到着

大宮駅東口を出て南の方へ、飲み屋がたくさんある方面に進んでいくと・・・

水蓮火-店の前

2階の店舗から階段下まで並んでる(汗)

私が遅れたのです。
待っていたSG氏ごめんなさい。。

今回の目的である『水蓮火』は開店から限定40食ってことで早い時間にしたんですが、SG氏は開店前から待ってたみたい。。

ってことでササッと並びに接続。

しかし回転がいい中本、10分もせずに店内へ入ることが出来ました。
そして

水蓮火-券売機

入口横の券売機で食券を購入。限定数量まではまだまだ全然大丈夫そうでしたね(ホッ)
そしてその場で食券の確認とスタンプの捺印!

すぐに席が空いたのでそのままカウンターへ通されました。

今回はSG氏に勧められるがままビールも買ってみましたよ。

水蓮火-ビール

2人で乾杯。

大宮店ではテーブル上に

水蓮火-大宮店メニュー

こんな感じでメニューが貼ってあります。

「もうココにいるってことは食券を渡してしまっているのに・・・」

と思いながらもついつい見入っちゃいましたね。

そういや”冷し醤油タンメン”を食べたことがないなぁ、今度たべよっ。

なんて気付きがあったり。

 

ビールをグビグビしながら胃の調子を整えつつ(笑)
談笑しながら待つこと数分。。。

水蓮火 着丼

キター!!!

やってきました。

水蓮火

水蓮火    ¥850
野菜大盛り  ¥60
チャーシュー ¥110
ビール    ¥500

LINEクーポン 烏龍茶

 

噂の”煮干し”の旨いやつはコレね。。

さっそくリフトし

水蓮火-リフト

いただきます。

 

 

んん

 

うまーーー-!

麺は中本標準のやつ。
カタメに茹でられていていい感じ。

味はというとほーーんの少し苦味を感じるハードタイプの煮干しスープがベース。
そこに具材として入っているシイタケやヤサイの上にのっかっている鰹節の香りもあって和風な香り。

粗目に砕かれた煮干しの破片が丼の底にけっこう沈んでいましたよ。

本州最北端、青森のセメント系を思わせるコクがありシャバシャバではなく、若干とろみがありましたね。
それでいておそらくショウガかな?スッキリとした香りもあってクドくなり過ぎていないのがまたナイスバランス。

 

水蓮火-スープ

色が今まで中本のスープよりも凶悪そうな感じでしょ(笑)
そして恐れていた辛さ度12ですが、意外と平気!

ってか体感的には辛さ度8くらいかなという感じ。
北極ラーメンよりも優しく感じましたね。

辛さよりもスープの旨味が前にグイグイ迫ってきてそう感じたのかな???

 

構えすぎてたので逆に拍子抜けしちゃいました。。。

 

このラーメンにはどうやら普段使われている辛味とは違うものが使われているんだそうです。

それにしてもとにかく香りが良く、とにかく食欲をそそる旨いやつです。

具材ですが

水蓮火-レン草

ホウレンソウ。
スープにたっぷり浸してそのまま食べたり、ゴハンと一緒に食べたら旨い(ってか最高)やつ。。

水蓮火-ゆで玉子

スライスゆで玉子が半玉。

箸休めに最高ですね!

水蓮火-モヤシ

ドンブリ中央には茹でモヤシ、そして頂上に雲のごとくのっかる鰹節。

あ、そうそうこのラーメンにおいて重要な

水蓮火-シイタケ

シイタケ。
スライスされて一片は小さいものの、コレが食感だけでなくスープの風味にもいい感じに作用していたことは言わずもがな。

ちなみに同行のSG氏はシイタケを食べると”即ぶっ倒れてしまう”、とのことで端の方に避けていました(汗)

 

そしてこの日のチャーシューは

水蓮火-チャ大判で薄めのタイプ。
ちょい焼きのものでほぼ無味のもの。

これはうーん・・・、という感じかな。

スープに浸して美味しくいただきました!

 

香りとコクの応酬でウマー&そんなに感じない辛さで箸が止まりません。。

 

麺量も全然多くないのでアッサリ完食。

ごちそうさまでした!

まとめと感想

今回は蒙古タンメン中本大宮店に行ってきました。

結果としてはやはり大宮に行った甲斐ありましたね!!
SNSでは評判が良かったこともあって期待していたのですが、そんな期待通りの”煮干し感”を楽しむことが出来ました。

POP

スープの丼底に煮干しの破片があるくらい”しっかりしたニボ感”はなかなかでした。

先日川越店で食べた『中本風煮干しソバ』もコッテリ煮干しスープでしたが、あちらは”醤”やひき肉や魚粉などでバランスよく香りと味を引き立たせていた印象。

それに対し今回の水蓮火は津軽濃厚系からの流れを感じるコク煮干しラーメンが辛くなって降臨!というような印象。。

結局どっちも旨いんですけどね(笑)

 

というか辛さ度12っていうのは一体・・・
一説によると、このメニューには普段使っているトウガラシと違うものが使われているとか!?

それにしても体感的にはぜんぜん12!って感じじゃなかったんですけど・・・。

 

  • 今回は野菜大盛りにしましたが、モヤシが増えます。(ホウレンソウは増えません!)
  • 辛さUPは不可能!

でした。

ご注意を!

デフォで麺は1玉、大盛りまで可能だそうですが、それでも足りない大食いの方はご飯がおすすめですね。

どっぷりスープに浸したホウレンソウと食べると最高。
このスープ、お米との相性もいいすね。

 

てな感じで今月の中本の旅はおしまい・・・

と思ったら『冷し味噌やさい春』を食べていなかった(汗)

行けるかな(゚ー゚;

コメント

トップへ戻る