吉祥寺で北極の春、食感がたまらない一杯でした!

先月の訪店ですが、多忙のためPOSTに時差が生じてしまいました。
春の吉祥寺に行ってきたんです。
このところ吉祥寺には用事があって何度か訪れていたのですが、なかなかこちらの店にはこれてなかったんですよね。

そんな5月の日曜の昼下がり、すでに夏のような暑さの中、吉祥寺店に降臨。

スポンサーリンク

蒙古タンメン中本吉祥寺店に到着!

お昼前でまだ並びがなかったのでラッキー!

中に入り食券を

「早く食べたい!」

という焦りからかブレ・・・
落ち着きがないのです。

ささっと食券を買い席へ

この限定集(勝手に命名)、食べた事が無いものがまだいくつかありました。
ってか吉祥寺が一番種類が多いんじゃないのかな!?
ってくらいいっぱい種類があります。

吉祥寺麻醤麺って食べたことないのですが辛さ11って・・・

ってな具合に横をみてたら麺が到着

北極の春 着丼!

北極の春  ¥930
吉祥飯   ¥200

地獄よろしく北極季節シリーズの一角「春」バージョン。
カイワレが春らしさということでしょうか。
そんなツッコミはさておきさっそく頂きます。

ネギ、カイワレをかき分け麺を引っ張り出し一口。

うまーー。

安定ですね。
この北極の春、具材はネギ、カイワレの他にニラ、タケノコ、溶き卵そして北極肉。
この日はあまり辛くありませんでした。

もしかして

「北極の超」に続いて発売された北極限定ですが変化はトッピングのみの北極の超と異なり、北極スープをマイルドにした事で先代中本さんは怒っていましたが、お客さんには大好評。

http://nakamoto.tokyo/menu/%E5%8C%97%E6%A5%B5%E3%81%AE%E6%98%A5/

という理由からなのかな?

その卵

と思いましたが、卵が理由じゃなかった気がします。

個人的にはこのラーメンのタケノコが好きなんですよね。

特製樺太丼でもそうなんですが、”味”というよりはしゃこしゃこした触感が好きなのかもしれません。

ネギ、カイワレ、タケノコとシャキシャキした食感とミドリがいい感じの一杯でしたね。

なわけで(笑)あっさり完食、そして吉祥飯!

北極の春のスープに残った具材をこちらにのせていただきます。

ホントは白米でもよかったんですが、やはり”タケノコ”がいっぱいってことでついついこっちを買ってしまったんですよね。

こちらも完食!

お腹いっぱいになりましたが、満足の昼食でした!

まとめと余談

四季シリーズはやはりいいですね。
美味しかったです。

最近暑くなってきて久々に秋津の冷しゃぶ食べたいですね。
で、そのあとに居酒屋「サラリーマン」に行くコースで!

話はかわって・・・
実はひとつ前のPOSTで話したスタンプカードとの交換グッズがとうとうやってきたんです。
やってきてからも色々ありまして。

ここまで何年かかったことか。。
そう思うとスカジャンの威力ってすごいなと
それについてはて改めて書こうかと思います。