板橋本町のラーメン慶次郎本店で並とすきやきを味わってきた件

あるラーメン好き男から突然

慶次郎ってラーメン屋知ってます?」

と聞かれたのですが、知りませんでした(汗)まだまだ東京には知らないお店がたくさんあるようですね(アァ…)

しかも場所を聞いたらそれほど遠くない様子。

ってことで今回は板橋本町のラーメン慶次郎本店に行ってきました!

今回はその時の様子や味の感想をレポートしていこうと思います。

板橋本町のラーメン慶次郎本店に到着

都営三田線の「板橋本町駅」のA1出口を出て環七通りを東へ歩くこと徒歩1分ほど、

板橋本町のラーメン慶次郎本店の外観

わかりやすい場所にお店がありました。

→ココのお店はルールというかシステムが独特!!

まず店舗の↑メインの出入り口の隣りにある

板橋本町のラーメン慶次郎本店の券売機ドア

この張り紙が貼ってある引き戸を開けると・・・

板橋本町のラーメン慶次郎本店の券売機

券売機のみがあるスペース、ここで食券を購入します!

トッピングの種類が多いので色んな食べ方を想像してしまい興奮\(^o^)/

ちなみに麺量は

板橋本町のラーメン慶次郎本店の麺量ラーメンやつけ麺、みそ、まぜそばだと

小     150g
並     200g
並(麺増し)300g
大     400g
大(麺増し)500g

野菜の量が

通常   200g
増し   400g
増し増し 600g

ドロそばは麺量が

並     200g
大     300g

となっています。
(”麺増し”については後ほど!!!)

ここで食券を買ったら外に出て

板橋本町のラーメン慶次郎本店の並び方

図のようにお店の前に並びます。

店内から食事を終えた先客が出てきたら中へ入るという流れです。

 

お店に入り着席したらカウンター高台の上に食券を起きます。
すると冷えっ冷えのお水を持った店員さんがやってきて食券の確認をしてくれるのですが・・・

ここで先に無料トッピング(並の麺増し)も伝えるシステムになっています!

その無料トッピングですが、

板橋本町のラーメン慶次郎本店の無料トッピング

マヨシリーズがクセあり過ぎ(笑)

ワサ・カラ・カレーって!!!

 

卓上には

板橋本町のラーメン慶次郎本店の卓上調味料

割り箸にお酢、ラー油、ブラックペッパー、唐辛子が配置、爪楊枝まであります。

そしてカウンター高台上にはティッシュもあるという優しさ!!!

 

 

食券購入から30分ほどで・・・

 

板橋本町のラーメン慶次郎本店の並とすきやきが着丼!

板橋本町のラーメン慶次郎本店の並

並    ¥750
すきやき ¥150
生姜   ¥50
青ねぎ  ¥50

 

トッピングコール→ニンニク・アブラ

やってきました、生姜と青ネギは別皿でやってきたのですが先のせ!

板橋本町のラーメン慶次郎本店の並にトッピングを載せた

ジャンクな見た目がたまりません。
具材をかき分けて麺をリフトし

板橋本町のラーメン慶次郎本店の麺をリフト

いただきます!

 

んん

 

うまーーーーー!

たまらん。。

麺とスープ

麺は

板橋本町のラーメン慶次郎本店の麺

立体的な四角い断面の微ちぢれ太麺!

一見ボギボギでゴワッとしてそうに見えますがそんなことはなく、ちょい柔めの茹で加減で食べやすかったです。

そんな麺に合わせられたスープは

板橋本町のラーメン慶次郎本店のスープ

程よい豚感と甘さが感じられる乳化スープで塩加減がちょうどいい感じです。

ライトってほど軽くないし重くもない、絶妙なバランスになっていましたね!

ヤサイやブタ+αの具材

ヤサイは

板橋本町のラーメン慶次郎本店のヤサイ&アブラ

キャベツがちょいと、茹で加減は普通です。
通常で200gらしいんだけど、思ったより少なく感じましたね。

そんなヤサイの上にはプルプルのクラッシュアブラ&カレーマヨ

 

これはもう上からガッツリ掴んでアブラサラダしなさいっっ!

ってことでしょ?

 

もぐもぐ・・・。

 

んもう、間違いなくうんまいし!!!!
ウマーなアブラとカレーマヨがナイスハーモニー、他のワサビやピリ辛マヨも食べてみたい。。

 

青ネギ&生姜はお好み次第と思うのですが、個人的に最高!

 

そこで気になったんですが、ニンニクが通常の”マシ”だと少ないんですよね。

 

生姜を入れる場合はちょうどよく感じる量なんですが、そうでない場合は少なく感じるかも。

あとに来たお客さんで食事中にニンニクを追加されている方もいたし😳

 

ガッツリいきたい方はニンニクマシマシにしたほうがいいかもしれませんね。

 

そして気になるブタは

板橋本町のラーメン慶次郎本店のブタ

いい感じにアブラが刺さっている三枚肉で厚みは1cmほど、大きさは普通かな?

 

食べてみると”ブリっ”っとした食感でジューシー、ウマーな肉汁が味わえるいいやつでした。
塩加減も絶妙でレベルが高いです!!!

量に関してはデフォで2枚、ボリュームはないけどいっぱい食べたかったら”豚増し”にすればいいので問題なしっ♪

 

全体的に凶暴さはないけど、コンパクトにまとまってて食べやすくってスルスル箸が進んじゃいます。

すきやきの出番!

そして今回楽しみにしてたのが

板橋本町のラーメン慶次郎本店のスキヤキ

¥150のすきやき!
これは生卵に白ネギとアブラ、端ブタが入ったもの

食事の後半、卵を溶いてここに麺をドロップ&リフトして食べると・・・

板橋本町のラーメン慶次郎本店のすきやきリフト

うん、イイ!

 

元のスープが優しめなので”生玉子のすきやき食い”だと味がマイルドになりすぎちゃうかも…(カラメにすればいいのか。。)
しかしこの”すきやき”にはアブラや端ブタも入っているのでちょうどいい食べごたえと味わいで良かったです

 

並は麺量200gと少なめ(?)だったのでさくっと完食。

ごちそうさまでした!

慶次郎のラーメンのまとめと感想

今回食べた慶次郎の並ラーメンは全体的にまとまりよく食べやすくてよかったです!

年季が入ったお店でちょっと入りづらいかもしれませんが(失礼)、麺150gの小もあったりオーダーの説明が貼ってあったりと”はじめての二郎インスパイア”にも優しいんじゃないかと思いました。

あと有料・無料トッピングの多様さもポイントですね!

色んな楽しみ方が出来ます。

ちなみに今回一緒に訪店した麺友S-SHITは

板橋本町のラーメン慶次郎本店、S-SHITの一杯

ラーメン大盛りのヤサイ・ニンニク・アブラ・ワサマヨをオーダー。

ナイスなヤサイタワーですね✨

 

ワサマヨが美味しかったそうです!!!

今度は旨いと評判のまるでミートパスタみたいな「どろそば」をたべてみたいっっ。

すげーーー!

板橋本町のラーメン慶次郎本店の店舗情報&近くの駐車場

ラーメン慶次郎本店

営業時間

月・水・木・日曜日、祝日
11:30~15:00、17:00~23:00
金曜日
11:30~15:00、18:00~24:00
土曜日
11:30~15:00、18:00〜23:00

定休日:火曜、第二・第四水曜、年末年始

所在地:173-0001 東京都板橋区本町14−14

ちなみに駐車場は近くに沢山ありますよ↓

板橋本町のラーメン慶次郎本店の近隣駐車場お店の裏のタイムスが便利かもね!

お家で人気インスパイア店のラーメンが食べられる!

東京で人気の二郎インスパイア系の名店のラーメンをいつでも自宅で食べられる方法があります。
それが『宅麺.COM』のラーメンお届けサービス!

【おすすめポイント】

  • 『ラーメン荘 夢を語れ』や『富士丸』などの人気店のラーメンを並ばずに食べられる
  • お店で出しているスープや麺、具材をそのままパッケージしている
  • お店では出来なかったアレンジも可能
  • 意外と簡単につくれる!

↓宅麺でラーメンを取り寄せて家で作って食べました!

(埼玉の人気店『麺屋桐龍』のラーメンを具だくさんにアレンジ

味のクオリティに絶対驚く二郎系インスパイアばかりが揃っています↓

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました